メジロドーベルに勝てなかったキョウエイマーチ
新聞広告は「嘘には、本当がある。」
http://jra.jp/topics/koukoku/pdf/np2011_13.pdf
桜花賞馬が勝ったという嘘は親子の間では本当だった。

外れ続けると自信の言葉もただの嘘になる。
そろそろ当てないと、オオカミおじさんになる(笑)

アパパネ号の銅像が完成!
http://www.jra.go.jp/facilities/race/kyoto/news/20111008.html

2010秋華賞
「ア」パパネ     国枝栄
「ア」ニメイトバイオ 牧光二
「ア」プリコットフィズ小島太
昨年の秋華賞の際立った特徴は、はっきり言ってこれに尽きる。
ア行関東馬の1~3着独占。

何故そうするのかは私に聞かないで。
アパパネとサンテミリオンとの対極性。

出走馬の中で燦然と輝いているのがウェディングフジコ
1年ぶりの出走。
当時の鞍上、丸山元気と一緒に一頭の馬を指名している。
それがサンテミリオン
相手は昨年、3歳馬が居た7枠だろう。

府中牝馬ステークス
611→713→204
関連記事
スポンサーサイト

【2011/10/15 09:45】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック