ジャンプ


表は、東京ハイジャンプの予想では無い。
ジャンプの記事はほとんど書かない、というか書けない。
ジョッキーたちの決死のダイブはいったい、どのタイミングで
行われるのか、はたまたそのような作為は本当に存在するのか
などと考えると夜も眠れなくなるので、書けない。
ただ今年はジャンプの世界にとっては大きな変化と言える
のではないかと考えているので、分かり易いように
「高機能テキストエディタ」を使って表にしてみた。
が、携帯からだとはみ出して見えなかったので画像にした。

表は平場GIの前日にジャンプGが組まれているものをセットとして
チョイスしたもので、この数年を例にとると隔年で
春一番のジャンプの出目が秋一番のジャンプ及び翌日のGIに枠出目リンク
しているのが分かってもらえると思う。
昨年はリンクした年なので本来、今年はリンクしないはずなのだが
前述したように今年はジャンプ重賞の位置が大きくずれている。

2012年まで春最後のセットと秋最後のセットでリンクを重ねていた京都HJが
ダービー前日に移動し、東京JSが宝塚記念前日に移動した。
この移動が何を意味するかというと春番組、夏番組、秋番組で
それぞれ存在することになる点。
安田厩舎が春夏秋と最初のGIを独り占めしたような現象が
出目の上では可能になっている。

今日のネオレボルーション次第では秋華賞も面白くなるのだが・・・


関連記事
スポンサーサイト

【2013/10/12 02:42】 | 競馬・ジャンプ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック