東京HJは5枠は来なかったものの6枠が粘りこんで
今年も春一番が起用された。
まあ結果これで秋華賞は4枠か7枠が枠起用される可能性は
残り結果的に消化不良の嫌らしい流れになってしまった。

基本ローズの1,2着を起用する秋華賞につき
黙って714を買えばよいのだろうが、そこが馬券下手の性である。
黙っては買えない。
8/18に取り上げたヒットザターゲットが勝ってしまうのも競馬。
この馬の「11」という数字との縁は、今回は「11」人気で
表現されていたがまぐれ当たりでも当たるもんじゃない。
買えないんだなあ。

京都2400の舞台は日経新春杯2→1で同じ出目。
分かっていても買えない。
京都大賞典が二桁人気馬を迎え入れたのは1976年まで遡る。
まあこじつけと言われても仕方が無いが「第1回エリザベス女王杯」が
開催された年である。
クイーンステークスが東京で開催されていた時の1,3着馬でワンツー。
いや3歳限定戦だった時と言った方が適切か。

今年のこの競走は函館変則開催。此処に密かに穴狙いの
嫌らしい心が動いても仕方が無いと自分自身を慰める。
セレブリティモデル
頭おかしいですか?と聞かれそうだが、2着は有る。
この馬しか居ないんだなあ、京都2000を勝った馬が。
ミヤジタイガのように最下位人気、最下位着順に終わるかもしれないが
買いたい馬なのだから仕方が無い。

春天皇賞、ダービーと1枠1番ゲート馬を連対席に
導いた武豊を買う方が、よほど正逆1番を買うのに相応しいのだが・・・
関連記事
スポンサーサイト

【2013/10/12 15:34】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック