HATは幸せ!


ごんぎつね

中学校の時にはコナンドイルのホームズシリーズに胸躍らせ
星新一、筒井康隆の描くショートショートの世界にワクワクし
少ない小遣いで次々と本を購入して読みふけったが
高校に入ると野球漬けの毎日で本を開く気持ちすら起きなかった。
次に本を開いたのは、夏の大会が終わってから受験の為の
教科書と参考書だったと記憶しているが、これは苦痛以外の何物でも無かった。
何故か、其の後に手にした本が詩集と童話の本だった。
頭の悪い小僧が詩のテーマなど分かる筈もないが
言葉が紡ぎだす「音律」のようなものに惹かれたのかもしれない。
童話もたぶん同じだったんじゃないかと思う。
それは読み聞かせの「声」ではなく、胸を打つストーリーの「響き」
当時、書棚に並んでいたオーヘンリーは童話作家ではないが
私にとっては同じ「調べ」だったのかもしれない。

小川未明、坪田譲治、浜田廣介、椋鳩十、松谷みよ子、佐藤さとる
みなそれぞれ描く世界が違う。
そんな中でも新美南吉は独特の味が有って好みだった。
「ごんぎつね」を読んで、心がキュッと音をたてた記憶は
ひょっとすると皆さんもお持ちかもしれない。

童話集
http://www.fox-gon.com/mokuji01.html

今年は、南吉が誕生して100年という年月を刻むことから
あちこちで記念の催しが行われている。
大阪府立中央図書館国際児童文学館(東大阪市)では
「ごんぎつねとともに」が11日から展示コーナーで開かれる。
時間が有れば行ってみたいが、とりあえず青空文庫で
新美南吉を再読してみようと思う。

生誕100年記念事業
http://birth.nankichi.org/event_r


追記)この後に、手にしたのが従兄に勧められた競馬新聞だった。
これが、いけなかった(笑)
すぐに高本公夫の世界にどっぷりと溺れていくことになる。

関連記事
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 読書
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -