EB女王


私の「先読み」の師匠からメールを頂戴しました。
エリザベス女王杯の切れ味鋭い、長文の未掲載原稿でした。
狙い馬(ホエールキャプチャ)が同じだと言ってくださって心強い。
中味はリンク先「競馬徒然草」で後日、加筆して公開予定だそうなので
ぜひ楽しみにしていて下さい。

まだ時間が有るので、ゆっくり考えようと思っていたんだけど
私がホエールキャプチャに感じる魅力をブログに書きますと
返信したので、とり急ぎ推挙した理由だけをごく簡単に説明します。

基本的な考え方はヴィクトリアマイルの時に
「ヴィルシーナ」という記事を書いていますので、こちらを参照下さい。

ヴィルシーナは春秋連覇を狙ってますし、牝馬ジーワンにおける
安定度は群を抜いてます。
ただ個人的には、昨年のエリザベスの2着が
余計だったのではないかと思うのです。

2012 秋華賞2着 → EV2着
2011 秋華賞1着 → EV2着
2010 秋華賞1着 → EV3着
2009 秋華賞3着 → EV3着(秋華1着不在)
2008 秋華賞6着 → EV1着(秋華1着不在)
2007 秋華賞1着 → EV1着
2006 秋華賞3着 → EV1着

メイショウマンボを弾けるネタが有るならともかく、ラッキーレーティングを得た馬を
容易く蚊帳の外に追い出すことが出来ないし、秋華賞とエリザベスの蜜月ぶりを
見る限り、この馬が飛ぶ光景を想像しにくいのです。

2011年のヴィクトリアM及びエリザベスは「前年覇者」を出走させ、
ヴィクトリアは2着連対席へ、エリザベスは連覇という形で締めました。
本年のヴィクトリアが同じようにホエールキャプチャに2着連対席を
与えたのはレインボーダリアにとってプラスに働くように見えますが
ただこの馬も、2011年の5着の履歴が私は引っかかります。

さて問題の、レーティング「111」のホエールキャプチャ
彼女のエリザベス女王杯は、ヴィクトリアの成績に比べ
一見すると散々のように見えますが
2011エリザベス  4着(3着同枠)
2012ヴィクトリア 1着
2012エリザベス 10着(2着同枠)
2013ヴィクトリア 2着
こうすると彼女の「古馬GIでの連続性」に注目できると思います。
この視点は、同じですよね、shigeさん。

まだ、あまり練れてないのですが、推挙の理由こんな感じです。




関連記事
スポンサーサイト

【2013/10/29 22:33】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

shigeさんへ
HAT
エリザベスは救いようもなく、外れです。
まあいつもの事ですが・・・
(市)取り上げましたが、別馬
全く楽しくないです

メイショウマンボ
shige
エリザベスは節目の年として蛯名君の
【牝馬G1完全制覇】を期待しましたが

初の【3歳オークス馬の戴冠劇】という
節目での幕切れとなりました。


又しても*ブラフにやられましたが

2枠03:オークス馬(戴冠ゲート位置)
2枠04:前年オークス★敗退歴(福永)

リトルアマポーラの個性⇒コレを使われた!
桜花賞・オークス★・秋華賞:武幸四郎
エリザベス:ルメールに交代(戴冠)

ティコティコまで調べて自信を持って
斬った2枠でしたが、、、

2001
エリザベス
7枠13裏03★トゥザヴィクトリー
4枠07ティコティコ(前年秋華賞馬)

2000
エリザベス
3枠05裏13トゥザヴィクトリー(オークス3枠06裏13★2着)


負の要素(番組理論上)をプラスに変えた彼らの頭脳に脱帽です^^

shigeさんへ
HAT
> マルセリーナのエリザベス初参戦こそが今年を暗示する【肝】

了解しました。取り組みます。

マルセリーナと一緒に出走すると不思議とよく馬券になるんですよね
ホエールキャプチャって。


shige
エイシンキンポール:前走武豊騎乗…記憶違いでした(苦笑)


shige
HATさん>マルセリーナのエリザベス初参戦こそが
今年を暗示する【肝】になると思っています。

シナリオのテーマは【ファレノプシスの変則的な再現劇】です^^

彼女の時代にはなかった【桜花賞馬】にお似合いの古馬牝馬G1の舞台~

第1回ヴィクトリア:ダンスインザムード

ダンスインザムード【桜★・樫★・秋★指示歴】

ファレノプシス【桜★・樫★・秋☆支持歴】

ダンスインザムードが北村宏司君での戴冠

ファレノプシスは松永幹夫君での戴冠劇
(但しゾロ目:純粋の戴冠ではない!!)コレは【掟】だからこそ^^

2頭の鞍乗がJRAの顔でもある武豊であったことも
人気馬に支持される要素になり得た。。。

ファレノプシスが札幌記念★7着(唯一の牝馬参戦)
からの戴冠劇を見せてくれたことが
エリザベスにおいてエアグルーヴ(樫の女王)との
対比として記憶(歴史)に遺してくれていることを~

2着:フサイチエアデール(4歳)2年連続
(今年に限定すれば…ないだろうと!但し枠としては機能させる
可能性も否定は出来ないだろうと~)

今年の「札幌記念」に参戦した牝馬たち

アイムユアーズ:4着/06人
オールザッツジャズ:6着/11人
レインボーダリア:7着/05人
マルセリーナ:9着/12人
ホエールキャプチャ:14着/09人

フサイチエアデール(シンザン記念勝歴)の個性とダブるのが~

マルセリーナ:シンザン記念3着/安藤⇒ヴィクトリア3着(4歳)
牝馬:ドナウブルー:福永★⇒⇒⇒⇒⇒ヴィクトリア2着(4歳)

フサイチエアデール:シンザン記念1着☆武豊
唯一の牝馬参戦

★エイシンキンポール:前走武豊騎乗

今年のエリザベスのゲスト解説にアンカツが来て
くれることを待望しています。
岡部さんがヴィクトリアマイルのゲスト解説だった時
にダンスの想いを語っていたのが心に残っていたもので;^^


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
shigeさんへ
エリザベスは救いようもなく、外れです。
まあいつもの事ですが・・・
(市)取り上げましたが、別馬
全く楽しくないです
2013/11/13(Wed) 12:10 | URL  | HAT #-[ 編集]
メイショウマンボ
エリザベスは節目の年として蛯名君の
【牝馬G1完全制覇】を期待しましたが

初の【3歳オークス馬の戴冠劇】という
節目での幕切れとなりました。


又しても*ブラフにやられましたが

2枠03:オークス馬(戴冠ゲート位置)
2枠04:前年オークス★敗退歴(福永)

リトルアマポーラの個性⇒コレを使われた!
桜花賞・オークス★・秋華賞:武幸四郎
エリザベス:ルメールに交代(戴冠)

ティコティコまで調べて自信を持って
斬った2枠でしたが、、、

2001
エリザベス
7枠13裏03★トゥザヴィクトリー
4枠07ティコティコ(前年秋華賞馬)

2000
エリザベス
3枠05裏13トゥザヴィクトリー(オークス3枠06裏13★2着)


負の要素(番組理論上)をプラスに変えた彼らの頭脳に脱帽です^^
2013/11/11(Mon) 18:05 | URL  | shige #-[ 編集]
shigeさんへ
> マルセリーナのエリザベス初参戦こそが今年を暗示する【肝】

了解しました。取り組みます。

マルセリーナと一緒に出走すると不思議とよく馬券になるんですよね
ホエールキャプチャって。
2013/10/30(Wed) 12:51 | URL  | HAT #-[ 編集]
エイシンキンポール:前走武豊騎乗…記憶違いでした(苦笑)
2013/10/30(Wed) 10:59 | URL  | shige #-[ 編集]
HATさん>マルセリーナのエリザベス初参戦こそが
今年を暗示する【肝】になると思っています。

シナリオのテーマは【ファレノプシスの変則的な再現劇】です^^

彼女の時代にはなかった【桜花賞馬】にお似合いの古馬牝馬G1の舞台~

第1回ヴィクトリア:ダンスインザムード

ダンスインザムード【桜★・樫★・秋★指示歴】

ファレノプシス【桜★・樫★・秋☆支持歴】

ダンスインザムードが北村宏司君での戴冠

ファレノプシスは松永幹夫君での戴冠劇
(但しゾロ目:純粋の戴冠ではない!!)コレは【掟】だからこそ^^

2頭の鞍乗がJRAの顔でもある武豊であったことも
人気馬に支持される要素になり得た。。。

ファレノプシスが札幌記念★7着(唯一の牝馬参戦)
からの戴冠劇を見せてくれたことが
エリザベスにおいてエアグルーヴ(樫の女王)との
対比として記憶(歴史)に遺してくれていることを~

2着:フサイチエアデール(4歳)2年連続
(今年に限定すれば…ないだろうと!但し枠としては機能させる
可能性も否定は出来ないだろうと~)

今年の「札幌記念」に参戦した牝馬たち

アイムユアーズ:4着/06人
オールザッツジャズ:6着/11人
レインボーダリア:7着/05人
マルセリーナ:9着/12人
ホエールキャプチャ:14着/09人

フサイチエアデール(シンザン記念勝歴)の個性とダブるのが~

マルセリーナ:シンザン記念3着/安藤⇒ヴィクトリア3着(4歳)
牝馬:ドナウブルー:福永★⇒⇒⇒⇒⇒ヴィクトリア2着(4歳)

フサイチエアデール:シンザン記念1着☆武豊
唯一の牝馬参戦

★エイシンキンポール:前走武豊騎乗

今年のエリザベスのゲスト解説にアンカツが来て
くれることを待望しています。
岡部さんがヴィクトリアマイルのゲスト解説だった時
にダンスの想いを語っていたのが心に残っていたもので;^^
2013/10/30(Wed) 10:55 | URL  | shige #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック