実に遊び心満載の出馬表だなと思いました。
一つは「並び」ですね。
「3歳以上オープン定量」あたり前ですが3歳が出走できます。
メイショウマンボとデニムアンドルビーが
ジーワンで三度対峙します。
レース名 マンボ  デニム
オークス  -3    -5
秋華賞   +3    +5
エリザベス +3    -5
着順は差別化されていますが、位置は同じです。
此処にセレブリティモデルという馬が加わって連対馬を
教唆するという働きをしているのですが
彼女の剣は、今回はデニムアンドルビーを指しています。
なかなか面白いです。

二つ目は「誕生日」です。
101オールザットジャズ2008/2/24
305ホエールキャプチャ2008/2/24
714デニムアンドルビー2010/1/31
818ラキシス     2010/1/31
何気ない配置ですが、これ微妙に「対角」になっています。

三つ目は誰でも確認できる同着馬の同居。
府中牝馬7着アロマティコ
府中牝馬7着マルセリーナ
府中牝馬は実は4着も「同着」だったのですが
4着2頭は出走させません。この事で「4着」という履歴を
持つ馬がデニムアンドルビーしか存在しない事になりました。

四つ目が角居さんの位置ですね。3頭並びになってます。
菊花賞で2枚並び(同居)で1着。
今回は一頭だけ離します。

非常に強く714を押してます。素直に信じて良いような気がします。
サイン読みの方なら誰か、書いてるんじゃないかと
覗いてきましたけど、誰も書いてないから書きます。
スプリンターズS 2着(市)ハクサンムーン
秋華賞      4着(市)デニムアンドルビー
菊花賞      2着(市)サトノノブレス
天皇賞      1着(市)ジャスタウェイ
「市場取引馬」の起用。
じゃあ、何故秋華賞は4着なの?それは皆さんが考えて下さい。
今回は、14番、16番、18番の三頭が(市)。

5番ゲートの前走「府中牝馬」が2着なら2002年11月10日になる。
◎714
○305
▲203
一応この順番だけどBOXかな。
3連複 1-3-5 と 5-7-9 は買う。

クイーンカップは2010~2012の3年間連続で9番を使いました。
アプリコットフィズ
→2011ヴィクトリア1着同
→2012ヴィクトリア1着同
最下位着順で1着馬を指名します。

ホエールキャプチャ
→2011エリザベス 2枠3着同
→2012ヴィクトリア6枠1着
→2012エリザベス 6枠2着同
→2013ヴィクトリア4枠2着
→2013エリザベス 3枠

ヴィルシーナ
→2012エリザベス 6枠2着
→2013ヴィクトリア6枠1着
→2013エリザベス 5枠

ヴィルシーナはどうにも触手が動かない。


関連記事
スポンサーサイト

【2013/11/10 01:37】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

takeucchi2001さんへ
HAT
富山に遠征旅行
すごいな!羨ましいです。
ハア~ちょっと、ゆっくり何処か行きたいなぁ~


takeucchi2001
土日と旅行に出ており、返信遅れて
すみません。
結果は残念でしたが、後検証で理由は
分かったので、まあ仕方なしです。

デニムがダメならメイショウMですけど
デニムもそんなに悪くなかっただけに
今後に期待です。

2馬編集長さんへ
HAT
この同着性をどう考えるのか難しいですが
今回に限ってはキャプチャの強調材料とも
考えています。


2馬編集長
府中牝馬の同着をちょっと考えてみましたが、2004年に一度ありますね。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
takeucchi2001さんへ
富山に遠征旅行
すごいな!羨ましいです。
ハア~ちょっと、ゆっくり何処か行きたいなぁ~
2013/11/13(Wed) 12:13 | URL  | HAT #-[ 編集]
土日と旅行に出ており、返信遅れて
すみません。
結果は残念でしたが、後検証で理由は
分かったので、まあ仕方なしです。

デニムがダメならメイショウMですけど
デニムもそんなに悪くなかっただけに
今後に期待です。
2013/11/11(Mon) 18:28 | URL  | takeucchi2001 #-[ 編集]
2馬編集長さんへ
この同着性をどう考えるのか難しいですが
今回に限ってはキャプチャの強調材料とも
考えています。
2013/11/10(Sun) 13:57 | URL  | HAT #-[ 編集]
府中牝馬の同着をちょっと考えてみましたが、2004年に一度ありますね。

2013/11/10(Sun) 12:03 | URL  | 2馬編集長 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック