今年の冬季オリンピックは面白かったなぁ。
TVでやってた感動のドラマ集、良かったですよ。
日本人だけじゃなく、海外の選手のドラマも取り上げていて
へぇ~、そんなことがあったんやぁ~って

大舞台に立ってもそこで結果を残せるかどうかは
実力以上に「運」も左右します。
上村愛子や高梨沙羅の4位もその例。
メダルとの間にそんなに極端な実力差は無かったと思います。
でもメダルには届かなかった。
まあそれもドラマなんですよね。

真央ちゃんのショート16位の演技を見た人が
「ショックのあまり」結構辛辣に評価していたけど
(正直私も「あかんたれ」な部分が出たなと思った)
一生懸命スポーツに取り組んだ経験を持つ方は
彼女を批判したりしなかった筈。
彼女が目指した何年間かの努力や苦労を、
自身の体験に照らして知っているから。

でも彼女が偉いのは、その雑音を自分の演技で黙らせた事。
此処がやはり一流のアスリートだなと思うのです。

朝ドラ「ごちそうさん」が終盤。
序盤はもう一つ、面白みに欠けたけど、回を重ねるごとに
面白くなり、出演者の演技も上手くなったような気がする。
一週間ためておいて見るのだけど
先週なんか「夜這い」で笑いこけ
かっちゃんの海軍志願でぼろぼろ泣いてしまいました。

最近たしかに涙腺が緩くなったのは事実だけど
関連記事
スポンサーサイト

【2014/02/24 12:59】 | 雑文
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック