井崎脩五郎の予想上手の馬券ベタ
http://sunday.mainichi.co.jp/blog/2014/03/post-168c.html

http://sunday.mainichi.co.jp/blog/2014/03/post-25cd.html

井崎脩五郎さんが、私と同じ視点で記事を書かれていて
驚いた!井崎脩五郎さんは私がリスペクト対象とする方ですが
今回は記事を見ていない。断じてパクリでは無いと言っておきます。
井崎脩五郎さんも後輩も見事に的中だけど
私は不的中。つくづく嫌になります。

前年ダービー馬が存在しない4月6日のダービー卿は
中山「東風S」逆6番4着席から向かってきたダンツジャッジが
勝ったのだけど、ダービー馬がしっかり同週を走る状況下での
カオスモスは結果を残せるのだろうかと言うのが
今週の私の一つのテーマだったりする。
この視点を大阪杯にも持ち込むと、牝馬が勝てるのではないか
という興味にも繋がる。(4/6ダスカ)
ヤエノムテキが亡くなって一層、強くそう思う。
その場合は正4番菊花賞馬が相手だろう。

桜花賞の1着枠に居たアユサンはオークスでも1着枠に居た
皐月賞で2着枠に居たエピファネイアはダービーでも2着枠に居た
桜と皐月、同じ出目でも、そこが違っていた。
これに関しては、同じように考えていた方を見かけた。

皐月賞の1着枠に居たコパノリチャードは先週1着枠。
ならば今週はダービーの1着枠に居たコディーノだと
考えるのはけして間違いでは無い。
だってコパノリチャードと同じ馬番を与えられたから。

GⅡ中山記念で1着枠に配置された皐月賞馬と最下位枠の桜花賞馬
キズナとマンボも同じ形になるんちゃうかな・・・
関連記事
スポンサーサイト

【2014/04/04 12:58】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック