今週はまだ古馬GIだというのに気の早い人たちが
バウンスシャッセの事を書いている。
牝馬限定GIなら可能性が有るんじゃないかと。
興味の欠片もないが、気になると調べたくなる性格

確かに昨年、サクラプレジールが「フラワーカップ」を直接
オークスに持ち込んだ時に、1994年の出目が再現された。
(これは確か、昨年誰かも書いておられた覚えが有る)
1994オンワードノーブル枠2-7馬3-15
2013サクラプレジール 枠2-7馬3-13

今年の皐月賞でも、この形は継承されていた。
1991ダンスダンスダンス枠8-1馬18-2
2014バウンスシャッセ 枠1-8馬2-17(18)
ダンスダンスダンスはフラワーカップ2着馬だが1着フラッシュシャワーの
骨折代理と捉えれば、不具合無い気もする。

ただ外国産も地方馬も走れなかったフラワーカップと
現在のフラワーカップとでは当然、中身が違うのは事実。
(私の場合、そんなことを無視して無理やり自分自身を信じ込ませようと
するのだが)

過去に皐月賞からオークスへ向かった馬などおらずサンプルが無い。
(まあ古くはチェリオなんてのが居るにはいるが・・・)
特に今年のバウンスシャッセのように変則戦を走ってきた馬の
取り扱いは案外難しい。
まあ此処が興味がない理由の一つで、私などが打倒できるレースではない。
金曜開催フラワーカップ
副題付皐月賞
関連記事
スポンサーサイト

【2014/05/15 23:46】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック