※前記事「赤の時代」で年度の表記が間違っていたので訂正しました。

私の予想方法は「芯の入っていない鉛筆」のようなもので
「是れ」といった予想のベースとなるものが無いので空洞そのもの。
中味が無いので、いろんな事を探してきて予想に組み入れる。
かつて、ある方がそんな私の予想を「複合読み」と云って
下さったのですが、そんな恰好良いものでもないです。
今日もまた違う色の芯を鉛筆の中に入れてみます。
頭の中が戦闘モードなので、バンバン発想が湧きます。

競馬場のストレスという記事を書いている時に気になった競走が
下の競走で現実にオークスの結果如何では牝馬を買うつもりでした。
札幌2歳ステークス 牝馬Red Reveur 代替開催 →阪神JF優勝
1995年のビワハイジ以来の牝馬の優勝 →ダービー出走

今年姿を変えてしまう競走群から下記の馬たちがダービーに
辿り着いています。
ラジオNIKKEI杯2歳S(最終戦)One and Only
いちょうS     (最終戦)Isla Bonita
ホープフルS    (最終戦)Bell Canyon2着
京都2歳S     (最終戦)Tosen Stardom
朝日杯FS     (最終戦)Win Full Bloom3着
私の書くものなど、こうした糸口からドラマになりそうな馬を
ピックアップしているに過ぎないのです。
まあしかし、それが外れる、外れる(苦笑)

この競走も今年は3日間開催で月曜に開催予定とwikiに記載が有るので
昨年のレースはある意味(最終戦)
東京スポーツ杯2歳ステークス Isla Bonita

桜花賞3着馬がオークスを勝った事で(拡大して連対)
2000年の一部戦歴をダービーも継承するのではないかと
書き出してみたのですが
<1着枠>
京都新聞杯 2人1着
プリンシパル1人2着
<2着枠>
皐月賞   2人1着
ホープフル 1人1着

これを私の推奨馬2頭とかぶせると
Isla Bonitaはやはり2着の型(皐月賞2人1着)
対して、Bell Canyonは1着の型と2着の型を入れ替えているのが判ります。
Bell Canyon
ホープフル 1人2着
プリンシパル1人1着

「ゴールデンウイークの競馬」で<関東馬を1着に据えた馬券は
ほとんど外れ>なんて書いたから主催者に嫌がらせをされて
皐月賞 東
天皇春 東
NHK 西
VM  西
オークス東
だから「すいません関東馬強いです」と詫びてみせる。

勝つのは関東馬「Bell Canyon」だと思う5/28現在
馬単一点、3連単3点で逝く予定。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/05/28 14:38】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック