帰りました、もうちょっとでスタートですね。

「優駿」の81ページにハナズゴールが載っていると
ドラクロアさんが書いています。
何故かと問いかけておられます。
私ならこう答えます。オークスも秋華賞も彼女の位置は10番だったから。
そういう事だと思います。
10番に関しては、もう良いですよね。

皇太子の行啓はもうずいぶん前から宮内庁に申請されており
少なくとも、その時点で今年のダービーのテーマは「ウオッカ」
と決まっていたはずです。

皇太子殿下の東京競馬場への行啓について
http://jra.jp/news/201405/052804.html

ウオッカの2007ダービーは行啓競馬なのに
「近代競馬150年の歴史」に記載が無いのは不思議だなぁと
以前から思っていたんですが「JRA60周年記念サイト」では
その事が記載されてました。単なる記述漏れではないと思うのです。

近代競馬150年の歴史
http://www.jra.go.jp/150th/history/

JRA60周年記念サイト
http://www.jra.go.jp/60th/article/1954.html

皇太子殿下ご夫妻が東京競馬場に行啓
1986年10月11日(土)エジンバラ公御来場記念
1-304メジロディッシュ牝5/的場均/大久保洋2
2-509オノデンモモコ 牝5/中舘/松山康3

皇太子殿下明仁親王ご夫妻が東京競馬場に行啓
1987年11月1日(日)第96回天皇賞秋
1-304ニッポーテイオー 牡4/郷原洋/久保田1
2-406レジェンドテイオー牡4/蛯沢/田村駿6

天皇皇后両陛下が東京競馬場に行幸啓
2005年10月30日(日)第132回天皇賞秋
1-101ヘヴンリーロマンス牝5/松永幹/山本14
2-713ゼンノロブロイ  牡5/横山典/藤沢和1

皇太子殿下徳仁親王が東京競馬場に行啓
2007年5月27日(日)第74回東京優駿
1-203ウオッカ    牝3/四位/角居3
2-816アサクサキングス牡3/福永/大久保龍14

天皇皇后両陛下が東京競馬場に行幸啓
2012年10月28日(日)第146回天皇賞秋
1-612エイシンフラッシュ牡5/M.デムーロ/藤原5
2-204フェノーメノ   牡3/蛯名正/戸田1

皇太子殿下徳仁親王が東京競馬場に行啓
2014年6月01日(日)第81回東京優駿
1-510ベルキャニオン牡3/戸崎/堀6
2-713イスラボニータ牡3/蛯名/栗田1

以前の記事で馬名表記を<英語表記>にしておいたのですが
あれは別に気取って書いたわけではなく、ちゃんと意味があるのです。
プレゼンターTOKIOのグループ名の由来は
<世界に進出した時に、すぐに覚えてもらう為に東京を
イメージしてつけた>とファンの方のサイトに記載されてました。
TOKYO
TOKIO
一字だけ変えてあるのです。たぶんポイントは此処でしょう。
[I] sla Bonita
皐月賞同様、彼は起用されると思います。
さすがに皇室をお呼びするのに3番人気以内の馬を
一頭は起用しないわけにはいかないのだと
上の行啓、行幸啓の一覧から計り知れます。

ウオッカがテーマ、要するに牝馬出走のダービーという事です。
1996東京優駿
2-204「プリンシパル1着歴」

2007東京優駿
1同-203「プリンシパル1着歴」

だからこそBell Canyonを強く推奨するのです。
マル外を受け入れたプリンシバルS、使われるべき時です。

今年の優駿の一つの特徴が2011年生まれの馬たちの集い
だという事です。だからこそ昨年は「絆」という文字をつかった。
そう考えてイベントを見てやると福島で「安藤」の文字が。
http://jra.jp/news/201405/pdf/052404.pdf

もっとも早く生まれた馬はベルキャニオンだけど
誕生日を揃えているのが1枠と3枠
101-4/12
102-/2/23 ハーツクライ

305-4/12 キングカメハメハ
306-/2/23

1着キングカメハメハ安藤
2着ハーツクライ横山

これだけは一点おさえます。5-2
関連記事
スポンサーサイト

【2014/06/01 14:12】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック