2度目のプレゼントを期待するのは烏滸がましい。
釘を刺された感じです。
牡・せん・牝
決着自体は宝塚を象徴した良い結果だったと思います。
第22回6-5
第33回8-5
第44回5-5
第55回8-5
ジェンティルドンナは限りなく2着と考えたのですが
来ませんでした、残念です。

当年ダービー騎手が宝塚を勝つことは無い!
これも100周年、60周年の前に木端微塵。
初めての連覇と言うおまけつき。

http://keiba.yahoo.co.jp/schedule/list/
今週は重賞を止めて特別を考えます。
面白くなければ書きませんので、すいません。

関連記事
スポンサーサイト

【2014/07/01 12:36】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック