当年オークスが揃目だったのはTVCMスノーフェアリーの2010年
そして今年。
2010優駿牝馬8-8
2014優駿牝馬5-5

2010年のオークスには1着馬しか存在しなかった。
従ってその二頭の1着馬が出走しようが、結果的に
エリザベス女王杯には「オークス1着枠」しか存在しなかった。
ヴィクトリアMからは1着ブエナビスタが出走せず
エリザベス女王杯には「ヴィクトリアM2着枠」しか存在しなかった。

2010年エリザベス女王杯
1着スノーフェアリー (オークス1着枠)同居
2着メイショウベルーガ(ヴィクトリアM2着枠)同居


要は、この形を継承反転してやれば良いだけの話だろう。
2014年のオークスからは2着馬の登録が無いので
エリザベス女王杯には2010年同様「オークス1着枠」しか存在しない。
逆にヴィクトリアMは1・2着馬を出走させることで
2010年との対比を見せている。
分かります?
2010年はオークス2着枠が無い、ヴィクトリアの2着枠は有る。
これで「2着枠」を強調している。
2014年も同じ。
オークス2着馬が居ない。ヴィクトリア2着馬は居る。
今年も「2着枠」を強調している!

2014年エリザベス女王杯
1着枠メイショウマンボ(ヴィクトリアM2着枠)同居
2着枠ヌーヴォレコルト(オークス1着枠)同居

ヴィクトリア1着ヴィルシーナはどうなるの?
此れは後輩が聞いてきた。
ヴィルシーナ(ヴィクトリア)=サンテミリオン(オークス)
たぶん、洋梨。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/11/12 23:56】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック