阪神2日目メインに新設されたタンザナイトステークス
主催者はこの秋4つの新設レースを設計した。
清秋JS  10番(逆5)万馬券
アイビーS 4番(逆5)万馬券
もみじS  5番(正5)
ここまで継続させた正逆5を今更、変える必要などあるのだろうか。

タンザナイトという競走名を主催者は「12月の誕生石の一つ」と
説明している。
登録馬の中で一頭だけ、この新設競走に相応しい馬が居る。
オリービン「かんらん石」
かんらん石という聞き慣れない言葉を調べてみると
<特に美しい緑色のものは8月の誕生石ペリドットとして加工される>
という紹介文を見つけた。
起用されるのは間違いなく、この馬だと思うので素直に正逆5を
相手に据えれば的中するだろう。
万が一、この馬自身が正逆5の位置に入った場合は、ひとつ前の
第10競走「堺ステークス」にブルータンザナイトという馬の登録が
あるので、出走してくれば、この馬の位置を買い、出走しなければ
単純に「青い枠」を狙ってみるとしよう。

主催者の計算がまことに緻密なのは十分承知しているが
同日の中京ジャパンカップダートチャンピオンズカップでも、この8月の誕生石ペリドットを
名前の意味に持つ馬を登録馬に用意しているのも
また見事としか形容のしようがない。

そしてこの馬の母父こそ、国内GⅠ勝ちを持たずに「年度代表馬」に
選出され物議をかもした馬なのである。

関連記事
スポンサーサイト

【2014/12/04 23:32】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック