HATは幸せ!


8歳馬

第58回日経新春杯(GII)
2400mサラ系4歳以上オープン (国際)[指定] ハンデ5800万円

第125回目黒記念(GII)
2500mサラ系3歳以上オープン (国際)[指定] ハンデ5800万円

第49回アルゼンチン共和国杯(GII)
2500mサラ系3歳以上オープン (国際)(特指) ハンデ5800万円

平成24年度の重賞競走の主な変更点について
http://jra.jp/keiba/program/pdf/h24-henkou.pdf


8番ゲートに座ったのは、3歳馬が走れる最後の目黒記念馬キングトップガン。
目黒記念と同じゲートからスタートして先頭でゴールを駆け抜ける確率は
けっして低い数字では無い、と私は感じている。
2009年にミヤビランベリが「国際」を2つ勝った時に日経新春杯では
テイエムプリキュアという最軽量ハンデ馬が勝ったがこれは1966年以来、実に
43年ぶりの出来事だった。
軽い斤量はけっして「優遇」などではないという証左だ。
そのめったに起きない現象を、目黒記念でキングトップガンがやった。
これにしても1982年「春」以来29年ぶり。
え~、なんで?!と思いませんか?

たとえば09年と11年の共通項は一体なんだろうと聞かれたら即座に2010年を
サンドイッチしていると私なら答える。
冗談ではなくて。
2010目黒記念    ウオッカメモリアル
2010アルゼンチン  共和国建国200周年記念

単発戦、非正規戦、人によって呼び名は異なるけど、確かに
通年には無い副称が付き「当該年度だけの特別な競走」で
あることは確かだ。

本来、通年開催に戻ったはずの2011年目黒記念は、ダービー前日へと
その場所が動き、取消戦として開催。
8歳馬だけで編成された1着枠は既に明年の設計変更を想定して
いたのだとしたら、アルゼンチンはどうなんでしょう?
明年の規定変更はありませんが目黒記念の変更で24年度は「唯一」の
競走になるわけで、その視点で言えば今年が「唯一ではない」最後の
競走・・・といえませんか。
だからこそ「8」番という馬番の一致が必要だった。なかば強引。

この10年間、4枠から勝馬は出ていませんし、符合しますが
7番8番の勝利もない、ましてや7歳以上の勝利も無い。
だからこそ、狙ってみたいキングトップガン。
まあこれが偏屈の魂でしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

ひつじさん

  1. [ 編集 ]
  2. 2011/11/07(月) 00:00:05 |
  3. URL |
  4. HAT
当たらない記事を書くためにブログ立ち上げました

よろしくです^^

お久しぶりです

  1. [ 編集 ]
  2. 2011/11/06(日) 22:26:20 |
  3. URL |
  4. ひつじ
最近HATさんの記事をみかけないなー、と思っていましたが、ブログ立ち上げていたんですね。今後もよろしくお願いします。

 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
122位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -