昨年ミッキーアイルの勝利によって23年目にして初めて
「アー、リン、トン」というピースが完成された。
1995 エーシンバー「リン」
1998 ダブ「リン」ライオン
2000 エイシンプレス「トン」
2014 ミッキ「ーア」イル
リンが二つ登場するのは京都と阪神の違いなので気にすることは無い。
いづれにせよ今年ピース完成記念のプレゼントが用意されるはずなのだが
それは多分、関東馬の勝利だろうと睨んでいる。
55回きさらぎ賞は44回揃目年(2004年)同様に関東馬を起用するという
美しい「差配」を見せてくれた。
そういう遊び心をお持ちなら、今年のアーリントンカップで表現する美学は
関東馬の起用しかない。
前述した2004年のアーリントンカップはシンザン記念と同じ騎手の起用という
一致を見せていたが、今年は違う。
関連記事
スポンサーサイト

【2015/02/25 12:59】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック