天知る 地知る PENCIL
(解説)どんなに嘘八百を書こうともペンだけは真実を知っているという諺である。

せめて今月だけはと気力を振り絞って「筆」を取ってはいるが
書いても書いてもそれが真実にならない現実の前に「心の筆」が折れそうになるが
今日も、偽りを書いてみる。
5節句の中で「人日(1/7)」の日に開催された2007、2006、2002、2001の東西メインは
不思議と出目を連ねていた。この日に勝利した馬でその後、大成した馬はいるのかと調べたが
一頭だけ居るにはいたが、地方馬だった。
名前を「ドージマファイター」という。一時期「リストラの星」と騒がれたあの馬だ。
中央から地方へ転厩し「平地競走29連勝」の記録を打ち立てた。
その折り返しを過ぎた17連勝目を飾った日が「人日の節句」
彼の父親は「ペンシルプッシャー(Pencil Pusher)」
鉛筆の語源は、芯が黒鉛で出来ているかららしい。
http://www.mpuni.co.jp/museum/qa/

なるほど、そういわれてみたら1月7日の勝利も「黒枠」だったなぁ。
29連勝を枠ごとに調べてみた。左から1枠、2枠と(2-5-3-3-4-3-7-2)
まあそんなに突出しているわけでもなく、連勝するという事は
どの枠に入れられようが勝つという事ですね。

歳を重ねてひとつ嫌なことが有るのです、それは書いている最中に何を書きたかったのか
忘れてしまう事です(笑)本当に嫌です。(確か馬の毛の話だったような・・・違うような)
健忘症とも言いますし、認知の始まりだともいいます、気をつけないと。
今までだったら電話してたのにLINEやメールに依存するようになるとあかんみたいです。
「毎日、人と話す事」これはとっても大事みたい。これは本当ですww

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/562-7fc4d15d