「京都2000」をどのように置き換えて「中山2000」に向かうのかを
表現していた2012年と2013年の弥生賞(と私は感じた)

2012トリップ
京都2歳1人1着 →ラジオNIKKEI2歳1人4着 →弥生賞3人気2着
京都2000→「阪神2000」→中山2000

2013エピファネイア
京都2歳1人1着 →ラジオNIKKEI2歳1人1着 →弥生賞1人気4着
京都2000→「阪神2000」→中山2000

では昨年2014年はどうだったか?

2014トーセンスターダム
京都2歳1人1着 →きさらぎ賞2人1着 →皐月賞3人気11着
京都2000→「京都1800」→中山2000
まずは「京都2歳S1着馬」を禁じ手・・ラジオNIKKEI杯京都2歳Sへ

2014エアアンセム
ホープフル8人1着 →京成杯2人11着 →弥生賞8人気4着
中山2000→「中山2000」→中山2000
そして「ホープフルS1着馬」も禁じ手・・GⅡホープフルSへ

弥生賞で起用されたのは「京都2000」を直接持ち込んだ
2014トゥザワールド
若駒S1人1着 → 弥生賞1人気1着
『京都2000』→中山2000

「京都2000」を別の色に塗り替える事無く、
同枠に最後の禁じ手「ラジオNIKKEI杯」(阪神2000)を同居させ揃目戦とした
・・GⅡホープフルS(中山2000)へ

そして今年、主催者は案の定、この2頭を登録段階で用意した。
ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(京都2000)覇者ベルラップ
ホープフルステークス(中山2000)覇者シャイニングレイ

さあ、此処までは誰でも確認できる「情報」に過ぎない。
競馬の本来の楽しみ方は此処からだ。
どちらが勝つのか?
今年は2頭のどちらかが勝つのである。(と私は思っている)
何故、今年わざわざ2頭の第一回覇者の雌雄を決する必要があるのか?
それこそ主催者が思い描く今後の弥生賞の道筋を示したいからだ。

京都2歳ステークスは同枠馬を存在させない頭数で施行したが
ホープフルSは同枠に1番人気を配置した。
明らかに此処がひとつのポイントだ。
京都2000歴のまま中山2000に向かってくるベルラップか
京都2000を既に中山2000に置き換えたシャイニングレイか

<登録11頭>
もう一つのポイントが此処にある。
もちろん、主催者が「11頭施行戦」にした理由である。
「シロ」と題した記事の中で1986年揃目戦の弥生賞を紹介した。
軽く読みがして頂いて良いのだが、誠に申し訳ないがネタに困った時の為に、
時に伏線を仕込んである。
第23回弥生賞 8-8(10-11-03)
第51回弥生賞 7-7(10-11-03)
これが主催者の技法である。これ自体はJARISが
勝手に計算してくれる。番組制作者の技では無い。
当然データを入力するのはエリート軍団である。
「1番ゲートにサクラスターオーを入れる」これがそのデータ部分。
第24回弥生賞『11頭施行戦』
1着 1枠 1番 サクラスターオー6人
2着 6枠 6番 ビュウーコウ4人
3着 5枠 5番 マイネルダビテ2人

第52回弥生賞『11頭施行戦』
1着 1枠 1番 ベルラップ(京都2歳S)


これこそが11頭で施行したい主催者の真意であり
どちらかが勝つと断言した2頭の内、1番ゲートに入ったベルラップこそが
当然私の持つ単勝馬券なのである。

関連記事
スポンサーサイト

【2015/03/06 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

misonoさん
HAT
misonoさん
お久しぶりです。見事に6番人気になってくれたのですが
まったくの方向違いだったようです。
たまに気合を入れて書いても、この有様ですから
お恥ずかしい限りです。
確か以前も私の予想に乗って頂いて
ご迷惑をおかけしたと記憶していますが
懲りずにまた覗いてください。



misono
仰る通り気持ちよく6番人気になりましたね!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
misonoさん
misonoさん
お久しぶりです。見事に6番人気になってくれたのですが
まったくの方向違いだったようです。
たまに気合を入れて書いても、この有様ですから
お恥ずかしい限りです。
確か以前も私の予想に乗って頂いて
ご迷惑をおかけしたと記憶していますが
懲りずにまた覗いてください。
2015/03/10(Tue) 09:12 | URL  | HAT #-[ 編集]
仰る通り気持ちよく6番人気になりましたね!!
2015/03/08(Sun) 14:10 | URL  | misono #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック