いよいよ宝塚記念の週に入りましたので、前回の記事で
触れなかった内容を補足して、宝塚記念の最終トピとします。
前回記事で1999年安田記念の1着枠に居た
モーリスドギース賞1着馬シーキングザパールと
今年の安田記念1着枠モーリスとの繋がりについて書きましたが
本当に書きたかった内容は実は別にあります。

シーキングザパールという馬はシンザン記念までは
タップダンスを管理していた佐々木晶厩舎所属馬だったのですが
次走フラワーCから森厩舎所属馬として出走しました。
所謂「転厩」というやつです。
2月末の調教師の引退に伴う管理馬転厩とは異なり
ほぼ馬主の意向による特定の馬の「転厩」でした。
これはモーリスが吉田直弘から堀に移ったのと同じ図式です。
宝塚当日に女優の真矢ミキさんをプレゼンターとして招いている
事と照合しても、其処に視点を持ってきて間違い無いと思います。

いろんな事情があって、元タカラジェンヌの真矢さんは
今年から所属事務所を「転厩」しました。
その際、従来の芸名の「真矢みき」からカタカナの
「真矢ミキ」に変更して再出発をしたのです。
番組担当者が目を付けたのは多分、「此処」だろうと思います。
かつて真矢みき時代にJRAに招かれたレースが2つ。
(猫パンチさんのブログ「競馬を見直そう」で検索されれば
苦も無くヒットします。)
2006 ローズS(中京)  アドマイヤキッス 7-5
2007 エリザベス女王杯 ダイワスカーレット 5-7
どうしても1999年の宝塚記念の出目との一致に目を
奪われそうになりますが、むしろ真矢さんがプレゼンターを
務めた2つのレースがローズSと密接な関係にあったという方が
個人的には惹かれる箇所なのです。

45回JRA創設50周年記念・タップダンスシチー
46回牝馬スイープトウショウ

55回JRA60周年記念・ゴールドシップ
56回牝馬ヌーヴォレコルト

前の記事でゴールドシップは<1着なのか2着なのか>
と書きました。
要するに連対すると考えているわけです。
そう考える理由は明確です。
この馬は厳密にいうと「連覇した宝塚記念馬」では無いからです。
真矢さん同様、名前を変えた馬なのです。
2013宝塚記念「小林英一」
2014宝塚記念「小林英一」
2015宝塚記念「合同会社小林英一ホールディングス」

当然、3連覇した阪神大賞典も春天皇賞も「違う馬」として
参戦しての勝利なのです。
1着ヌーヴォレコルト
2着ゴールドシップ
この組み合わせ一点だけを買う予定です。
関連記事
スポンサーサイト

【2015/06/22 22:50】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

2馬編集長へ
HAT
どうもです。宝塚記念のファン投票1~3位って必ず来ますからね
ラキシスかゴールドシップのどちらかなんですよ。
私はゴールドシップを選択しました。


2馬編集長
こんばんわ。
ゴールドシップの馬主の件は非常に迷いました。
多分ですが種牡馬になる為のシンジゲートを組んだという事だと思うのです。

明日の枠順次第ですが◎か○です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
2馬編集長へ
どうもです。宝塚記念のファン投票1~3位って必ず来ますからね
ラキシスかゴールドシップのどちらかなんですよ。
私はゴールドシップを選択しました。
2015/06/24(Wed) 22:46 | URL  | HAT #-[ 編集]
こんばんわ。
ゴールドシップの馬主の件は非常に迷いました。
多分ですが種牡馬になる為のシンジゲートを組んだという事だと思うのです。

明日の枠順次第ですが◎か○です。
2015/06/24(Wed) 19:43 | URL  | 2馬編集長 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック