不定期と言ってるのに覘いて下さってありがとうございます。
じゃあ書きますわ。

第75回菊花賞トーホウジャッカルは、2011年3月11日の震災の日に生まれた競走馬でした。このジャッカルを小倉2000芝で破ったエーシンマックスは、前走障害戦を走っていました。その明暗を分けた理由を調べてみましたが判りません。面白そうだと書いた「新潟競馬場開設50周年記念」に実は、この震災の日に生まれた競走馬シャドウダンサーとエーシンマックスが存在するのです。この競走には同じ冠名の馬が居て前走から騎手を入れ替えて出走してきます。なんだか面白そうでしょ?

昨年の第50回新潟記念の入場券に使われたのは、オフサイドトラップのゼッケン14番でしたが、この数字を直接使う事はせず関屋記念も新潟記念も14番の入った7枠を1着枠に起用しました。今年の第51回新潟記念の入場券の写真は第1回新潟記念ウメノチカラの9番で、同じ事を連年で使う事への抵抗がJRAにも私にも有り、それを良しとはしないのです。

1965.7.10に関屋から移転して、中央競馬の新潟開催が再開されました。
旧競馬場の所在地を冠した競走として、第1回新潟記念が施行された翌年に関屋記念が誕生するわけですが
第1回新潟記念 5-6 逆(4-2-5) 12頭
第1回関屋記念 2-4 正(2-4-5) 08頭
こうした継承の流れは、調べると随所に見受けられます。
9番現物よりも正逆4番、2番に気持ちが動くのが、分かって頂けると思います。新潟も関屋もまだ随分先の話ですが、私は明日の「新潟競馬場開設50周年記念」は、ひょっとしたら、この二つの競走と同じ出目を使うかもしれないと考えています。

自分に都合の良いデータだけをチョイスしてやると
1988福島競馬場開設70周年記念11頭 02-09-06
1991小倉競馬場開設60周年記念08頭 04-02-07
1997札幌競馬場開設90周年記念14頭 02-03-12
2008福島競馬場開設90周年記念15頭 02-14-05
2013東京競馬場開設80周年記念14頭 逆02-10-06

わざわざ記念タイトルで競走を施行するのですから、
この2番ゲートを使ってくる可能性は十分にあるという考え方です。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/611-f3f4e8eb