後輩から何故、左回りで連対歴すらない馬を指名するのかと疑問符を付けたラインが届きました。ハンデキャッパーは右左の優劣でハンデを付けない、指定期間内の競走成績で決まるんだと返すと、すかさず後輩が何年競馬してるんですかと。Wikiにも「ハンデキャップ作成」の項に「成績に現れる着順は、各馬の調教状態、コース、距離の適否、馬場状態、レース展開、他馬の妨害、騎乗の巧拙等をハンデキャッパーが適切に判断する」と書いてあると反論。ましてや<開催場別の3人一組での合議制>ですよとまで付け加えてきた。強気である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E7%AB%B6%E8%B5%B0

そうか、俺はずっと間違っていたのかと思ったが、じゃあハンデキャッパーは何故、共に1600万を勝ちあがったピオネロとシャドウダンサーのハンデを57㎏で均等にするのだろう。ピオネロは左回りで2勝してるぞ。
Wikiに書いてある諸条件をハンデキャッパーが「加味」したとしても
付けられるハンデは「強い馬(成績の良かった)に重いハンデを」だろう。
開催別の合議制と言ったって右左が重要視されるわけでは無いと思うのだが。逆に左回りの不得手な馬はハンデが1ポイント低くて当たり前になる。でも実際にはそうでは無い。

まあでも所詮、ハンデ戦に対する認識がこんな程度だからJRAの
手玉にされるんだろうな。後輩?後輩は相変わらず私の軸を外すらしい。







関連記事
スポンサーサイト

【2015/08/01 12:10】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック