8月8日は我が家のアニバーサリーだったが、高校の同窓会が
入ったので、そちらを優先させた。
何回か開催しており、男子の顔と名前はだいぶん思い出してきたが
女子は一部の人を除いて、さっぱり思い出せない。
交友関係の薄い高校時代だったのだろう。

戦後13年たって生を受けた世代で、北山修が
「戦争を知らない子供たち」と書いた。
それでも昭和の時代を生きてきた同窓のメンバーは、まだまだ若い。
既に亡くなってしまった学友もいるのが寂しいが。

もう皆さん、お盆休みに入ってるのかな。
私は8月一杯休めそうにないので、今日は休んで明日は出勤。
今日は昼から嫁と買い物に出かけます。
せっかくの休みなので何か書こうと、7時に起きて
いろいろ調べて2時間も経ってしまった。
先週も外れて、まだ違反切符の補填が済んでないので
なんとか今週は当てたいところ。
第50回関屋記念

マーティンボロは昨年、この三つの記念競走を駆け抜けた。
第50回 中日新聞杯
第50回 小倉記念
第50回 新潟記念

補佐役に任じられたのがメイショウナルトで
小倉・新潟・福島と「第50回」を走った。
第50回 七夕賞

小倉を制したサトノノブレスもまた第50回金鯱賞に名前を連ねた。

関屋記念が新潟記念よりも一年遅れで施行されることは
以前の記事で取り上げたが、この関係は
小倉記念と北九州記念の関係と同じとも言える。

メイショウカイドウが小倉三冠馬としての道のりを刻んだのも
節目の大会だった。
第40回 小倉記念
第39回 小倉大賞典
第40回 北九州記念

10年前の関屋記念サイドワインダーにしたって
この第40回北九州記念を経由した馬だった。

そういう役目を負った馬が関屋記念でも存在するのかと
登録馬をみたら、わずかに一頭だけ登録させていた。
マジェスティハーツ
第50回 福島記念5枠

朝一のオッズで確認すると1番人気になっていて驚いた。
ラブリーデイの2着が評価されたのだろうか。
第49回関屋記念でその福島を勝ったミトラと同枠だった馬だ。
新潟ジャンプ、新潟大賞典
デビュー5年目ながら毎年、新潟で結果を残す森一馬が
今年は節目の第50回関屋記念を選択してきた。

勝たせるのではないか。
今週、森君が乗る只一頭の騎乗馬。
勝つだろう。
単勝を買おうと思っていたが1番人気で妙味は失せた。
馬単で。
相手は5枠を買おうと思っている。
第50回 京都牝馬ステークス(G3)
第50回 デイリー杯クイーンカップ(G3)
第50回 サンケイスポーツ賞フローラステークス(G2)

第40回は牝馬オースミコスモの枠が2着


関連記事
スポンサーサイト

【2015/08/15 09:39】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック