後輩が新潟記念は正逆4番、2番と書いてましたよねと
聞いてきたのでLINEに書こうとしたが、おじさんは
長文をピコピコ早く打てないのでブログを見ろと書いた。

「新潟競馬場開設50周年記念」で使われたのは
逆1番1着 逆4番2着
「第50回 関屋記念」で使われたのは
逆1番1着 正4番2着
これは、ウメノチカラが「逆4番」だった事に起因する。
ゆえに新潟記念で期待していたのは正逆4番ゲートに入る馬
だったのだが少し買い辛い。
だったら正逆1番も狙う手はあるがそれも買い辛い。
こうなるとウメノチカラの「9番」を背負った
マジェスティハーツに出番が有るように思える。

ついでだから書くが、1番人気が勝った翌年2002年は
前3走内に1000万条件を勝ち上がった馬で決着、その一頭が
「関屋記念」から参戦したアグネススペシャルだった。
関屋記念組が連対席に座ることが稀有なことは過去を調べればわかる。
わざわざ1000万勝ちを2頭出馬させる意味も、其処に有るのではないかと
思えるので1番、16番は外せない。

2日から夏休み、別に何処へ行くこともなく、過ごしたが
ブログをこまめに更新しない天罰で右親指を負傷
このままだと「悲しい夏休み」になるので
新潟記念を当てて「楽しい夏休み」だったと言いたいなぁ。




関連記事
スポンサーサイト

【2015/09/06 10:21】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック