第60回 京成杯オータムハンデキャップは16頭で施行される。
国際格付2007年から連続して「2枠」の起用
この点が「5枠」を1着起用した2010、2011、2013年とは
一線を画す点。
新潟から中山へ戻る2015年。
翌年は前年の馬券対象馬を起用してきた歴史が有る。
ブレイズアトレイルが絶好狙い目。

唯一、前走連対馬を起用しなかった2008年は
前走GⅠ出走馬同士の決着
この視点からも浮かび上がる2枠と5枠
どちらを相手に買うかは読者の好み




関連記事
スポンサーサイト

【2015/09/13 09:24】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック