トランセンドが連対席の片方を担うという事は
どういうことなのか。
はじめてジャパンカップダートで8枠が起用されると
いうことです。
そりゃあ、いつか使われるさ。
そうですね、じゃあ何故、今年なんですか?
東京開催でも中山開催でも阪神開催でも使われなかった8枠を
何故、今年に限っては許可されるのでしょう?

施行距離を芝2000mに変更。
開催時期を6月に変更。
負担重量をグレード別定に変更

鳴尾記念の明年の変化です。
ジャパンカップダートの前に配置された鳴尾記念は8枠の馬に
栄冠を与えます、3年間。
考えても仕方がないのに私などは、これすらも
何故だろうと考えます。
当然、本日の焦点は「最後の鳴尾記念」が8枠を
使うのかと言う事です。

来ても不思議が無い馬が入ってます。
昨年3歳馬だけで競馬をした意味はなんでしょう?
13頭なのでこんな感じで馬券は買います。

枠4-8、4-4、8-8
関連記事
スポンサーサイト

【2011/12/03 11:30】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック