我が家はまだ大掃除の最中ですが嫁から
休憩時間をもらったのでパソコンの前に座りました
買目をまだ決めてないのですが
軸は決めているのです
人気薄のダービー馬です
別に思い入れがある訳ではないのですが
一過性の有馬の先頭にはこの馬が似合う気がするのです

http://livedoor.blogimg.jp/signkeiba55/imgs/5/5/552bab2a.jpg
これが2007年有馬記念ポスター
(勝手に拝借してすいません)
右上に祭典というコピー
勝ったのはGI未勝利の「マツリダゴッホ」

まあこういう事を平気でやるんです
<遡る歴史に輝くそれぞれの夢、記念すべき[祭典]を笑顔で締める。>

有馬にとって、たった一度の「2億5千万」の競走
主催者は此れを祭典とコピーしたのです
でもサブチャンじゃないと思います
今年の有馬記念そのものが「マツリ」なのではないかな

http://jra.jp/news/201511/112705.html
11月の末に外国調教馬が正式に出走しない事が発表されました
有馬記念の賞金が3億に増額されるという広報はそれよりも前でした
ようは今年の有馬記念にも外国調教馬は不要ですので出走させませんと
これも一つのポイントだろうと思います

2008年に有馬記念が揃目戦を行った翌年から
池江厩舎の馬券対象着順が続いています
なぜそこまで主催者が肩入れするのかよくわかりませんが
普通に考えれば今年も継続すると思うのが正しい捉え方でしょう
来年は違う形の有馬記念が開催されるのですから

その池江のラブリーデイを切りました
何故彼はファン投票27位で宝塚記念を勝ったのか?

5月23日(土)~6月7日(日) 【ファン投票締め切り】
6月6日鳴尾記念(投票期間内勝利)
私はこれではないかと思うのです


11月21日(土)~12月6日(日) 【ファン投票締め切り】
11月21日アンドロメダ  トーセンレーヴ
12月5日ステイヤーズ  アルバート
  
ならば、この2頭の結果に非常に興味をおぼえます
特に10番池江
4番も6番も要らないと、既に叫んでますから私
じゃあこの連闘馬を起用する一番最高の起用法とは?

『遡る歴史』このコピーです

第50回有馬記念
ハーツクライ 橋口
ディープインパクト 池江
14番 音無


第60回有馬記念
8番 ハーツクライ 橋口
10番 ディープインパクト 池江
12番 音無 or(14番)

これが私の2015年有馬記念です

さて、大掃除の続きをしなくては・・・
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/654-a5246ed3