ジャパンカップダートを検討している時に、ふと気になって
調べたのがヴァーミリアン(Vermilion)の馬名の意味だった。
「朱色」やっぱり赤という意味なのかと妙に納得してしまった。
馬生最初のダート戦「エニフS」を勝ったことから
この馬にとっての新しい馬生がスタートをするわけですが
この時の鞍上の帽子の色が「赤」6番ゲート
JBCクラシック  306 1着
ジャパンカップダート306 3着
以後2度、この赤枠から出走をするのですが
昨年の引退式で彼が付けたゼッケンは「7番」
鞍上の武が被った帽子は「青」
確かにもっともだけど、赤い帽子の6番で引退させてあげて
欲しかったなぁ~
引退式12/18は今年でいうと、ちょうど朝日杯当日。
せめて今年のフューチュリティは「赤い帽子」の激走に期待したい。

朝日杯を3枠の馬が勝ったのは2002年のエイシンチャンプ
同枠に居た3枠6番 パープルクオーツは朝日杯を走った
「最後のせん馬」となった。

7着歴を持つ京王杯1着馬
これは昨年のグランプリボスと同じ
だからジュベナイルで注目しているのはサウンドオブハート
関連記事
スポンサーサイト

【2011/12/07 11:31】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック