A列のセルに1990年からの数字を順番に入力し
右隣B列のセルに以下の式を入れてやると
閏年が判明します。
【 =IF(A1="","",IF(OR(MOD(A1,400)=0,AND(MOD(A1,4)=0,MOD(A1,100)<>0)),"閏年","")) 】

該当するのは、1992、1996、2000、2004、2008、2012、2016年
そんな、ややこしい計算せんでも4年毎やろ
厳密にいうと違います
試しにA1セルに「1700」「1800」「1900」と
入力してみてください、閏年の表記はでません。
これにはルールが有るからです。

自然科学研究機構 国立天文台
http://www.nao.ac.jp/faq/a0306.html

現在私たちが使っている暦は「グレゴリオ暦」といい、
世界中の国で使われています。
グレゴリオ暦法では、うるう年を次のように決めています。
(1)西暦年号が「4」で割り切れる年を「閏年」とする。
(2)例外として西暦年号が「100」で割り切れて、
「400」で割り切れない年は「平年」とする。

2月の終わりに、この閏日を持ってくるのは
古代ローマ歴で3月が1年の初めだったからとされています。

ちなみに干支は12年単位ですから、子、辰、申で構成されます。
前回の申は「2004」年です。
ですけど365日と366日の違いが有りますから
曜日は完全には一致しません。
1、2月と3月でも異なってきます。
世の中が便利になって、わざわざ計算しなくても勝手に
答えがみつけられます。
http://www5a.biglobe.ne.jp/%257eaccent/kazeno/calendar/2016.htm
日付と曜日の配置も全部、今年と同じカレンダーになる年
前回は1988年(辰)です

番組が大きく変わっているので競馬の参考にはなりません。


関連記事
スポンサーサイト

【2016/02/26 13:58】 | 雑文
トラックバック(0) |

猫パンチさんへ
HAT
猫パンチさん、ありがとうございます。
この記事もネット検索で得た情報で、オリジナル記事とは
言い難いものですが、まあ知識としては
面白いと感じたのでまあ良いかなとww
ちょっと間に合わせ的なものですが
何かの役に立てば幸いです。




猫パンチ
面白い。
こういう雑学ネタ好きです。
駄目元で1988年を調べてみるかな。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
猫パンチさんへ
猫パンチさん、ありがとうございます。
この記事もネット検索で得た情報で、オリジナル記事とは
言い難いものですが、まあ知識としては
面白いと感じたのでまあ良いかなとww
ちょっと間に合わせ的なものですが
何かの役に立てば幸いです。

2016/02/28(Sun) 14:29 | URL  | HAT #-[ 編集]
面白い。
こういう雑学ネタ好きです。
駄目元で1988年を調べてみるかな。
2016/02/27(Sat) 13:07 | URL  | 猫パンチ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック