2009年にフェアリーが今の位置に来て、1月と2月で
主要4場の3歳マイルが一堂に揃うようになった
シンザン記念 京都マイル
ファアリーS  中山マイル
クイーンC   東京マイル
アーリントンC 阪神マイル
勿論、関東開催のマイルには牡馬は出走できないので
この4つの競走が揃ったところで桜花賞や皐月賞に
直接的な影響など、無い筈なのだが、2012年の結果などを
目の当たりにすると、少しくらい影響が有るのかとも思い
昨年の結果を見て、やっぱり関係ないわと打消し
閏年を調べてみて2012年の特異性から
いやいや今年も、3歳マイル4戦から・・・
などと期待が起きるのも来るべき馬の本質が判っていない
見えていないからに他ならない
今年のように1着馬の馬番が同じなのは2009年以来
2009年初年度
シンザン記念 1-3(01-03-10)
ファアリーS  1-2(01-03-04)
クイーンC   6-5(11-09-14)
アーリントンC 1-6(01-08-11)

シンザン記念 3-4(06-07-14)
ファアリーS  3-2(06-04-05)
クイーンC   3-1(06-02-03)
アーリントンC 

だから6番はもう来ないだろうと云う「落ち」ではないです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/672-b30a1535