作新学院が54年ぶりに優勝かぁ、これは予想してなかったな。
この夏は、高校野球の地方予選を観戦しました。
日焼け止めを忘れて、顔も手も真っ赤になりました。
この間まで、腕の皮がむけて、久しぶりに「脱皮」状態を経験。
まあでも高校野球は面白いね。
今大会でいえば、9回裏一挙に5点を取ってサヨナラ勝ちした
東邦対八戸学院光星戦はすごかったな。

思わぬところでエラーをしたり、あっという間に
逆転されたり、両校の応援の違いが特徴的だったり
プロ野球とは違う緊迫感、面白さが高校野球にはありますね。
試合前のノック一つ見ても、よく鍛えられているのがわかります。
力が均衡している試合は、見ているこちらも固唾をのみます。
必ず決着がつきます、引き分けは無いのです。
嬉し涙か、悔し涙か
本当に些細なワンプレイで決まります。峻厳です。
だからこそ胸を打つのかもしれません。
今年もまた「夏の甲子園」が終わりました。


関連記事
スポンサーサイト

【2016/08/21 17:30】 | 雑文
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック