仲の良いシリウスが「記念」競走として施行されたのは
1993年、この年のサクラバクシンオーは
前年1着同枠の6着馬だった。
同じサクラ冠のゴスペルに夢を託したが多少無理筋だった。
今年の4枠2頭は春高松宮の1着同枠・2着同枠の同居
その4枠も1枠も起用せずなら完敗
起用したのはバクシンオーが勝った7枠
「サクラ桜花賞」の1枠・2枠配置馬を再度、同じ枠に
入れて見せて7枠13番を示唆するなど露程も
考え及ばなかった。

アナウンサーが外から内へ入っていくのを「奇襲」と言った
オーダーオブセントジョージの騎乗
うまい騎乗だったが惜しくも3着
初めての海外競馬、ビシッと当てたいなどと恰好つけず
買っておけ「ワイド」
Aオブライエンのトリプル丼など、微塵も考えなかった。
お祭りが終わった。
秋の絶好調も終わった。

ランキングが58位になっていた。
さすがにGI週
ご訪問有難うございました。


関連記事
スポンサーサイト

【2016/10/03 20:07】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック