今年の日本シリーズは本当に面白いですね
最終回まで目が離せないもの
広島ファンには申し訳ないけど
第3戦のサヨナラで完全に流れが変わりましたね
でも広島もこのまま黙ってるわけないので
最終戦までもつれるんじゃないかな

天皇賞の枠順が決まって白い枠には海外GI馬
1番人気ですがなんの躊躇もなく消せます
海外GIは残り2頭508と712
この3頭は実力云々はともかく
要するに外国に行って優遇された馬

今後は知らないけど優遇されなかった代表が
2016東京優駿馬ということになります
この考え方に過ちが無いのは、今年の秋天出走馬に
東京優駿組(3歳)が存在しないことを見れば明らか

従って「海外非優遇組」は「海外優遇組」よりも
今年の天皇賞では劣位に居る
そういうことになります
ラブリーデイとエイシンヒカリが内外対角で
2頭が対を成して居る事からも
「海外優遇組」が今年の秋天で優遇される対象で
あろうことは確かだと考えています

8枠を飛ばすという考えは昨年の秋天の否定

もしも私が考え方の柔軟な人間であれば
軸はモーリスかリアルスティールにしていたと思います
でも私は頭が固いので軸はアンビシャスなんです
後輩なんかはGI実績が伴わないって云うんですけど
私は逆にピラミッドへの行程がとても良い馬だと
思っています、これですね
新馬→500万→OPEN特別→GⅢ→GⅡ→GI

皆さん、ところで菊花賞と天皇賞秋が最も近くなる年って
知ってますか?
1994、2005、2016年
ハイそこの貴方、正解です
揃い目開催の年です

1994菊花賞「55回」←秋天「110(55)回」
2005菊花賞「66回」→秋天「132(66)回」

出目はこうなっていました
1994菊花賞「3-7」←秋天「7-1」
2005菊花賞「4-3」→秋天「1-7」

この流れを受ければ今年の菊花賞は間違いなく
3枠ディーマジェスティ
この馬が馬券になっていたはずなのですが
そう、うまい具合にはいきませんでした
2年間とも三冠馬誕生年で、今年は皐月賞から
三冠戦勝ち馬を「輩出」しただけ
此処が根本的に違っていましたね

今年と同じ10月30日施行の、この2年間は
142回と照らし合わせても使ったのは「1枠」
更に書けば、皆さんの記憶に残っている132回の
「天覧競馬」での松永幹夫(牝馬載冠)の礼
「菊」花賞の結果から、「5枠」も今年は無いと判断

アンビシャスが出走するGⅡ戦で見せる
パフォーマンスが実は7枠

3番→12番
3番→7番

話変わりますけど、今日のアルテミスS
単勝勝負して、負けちゃいました(泣)
天皇賞との単勝コロガシの思惑も外れ大勝負が
出来ないPAT残高に・・
ですので馬券は3番からの馬単2点
まあかえって、すっきりしました



関連記事
スポンサーサイト

【2016/10/29 18:59】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

2馬編集長 へ
HAT
2馬編集長さん
> これは書こうと思ってました。

そうですよね、これは皆さん気付いてますよね^^
3歳不在で行う秋天、当然これも
見れば分かるんですけど、「見える所」
「見えない所」に仕掛けがあると思うんですよね^^


2馬編集長
秋天「110(55)回」
秋天「132(66)回」

これは書こうと思ってました。
素直に枠連1-7でいくか、勝ち馬は前走GⅡ勝ちですからルージュバックか。

あとは最初の予想通り前年出走歴のあいつです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
2馬編集長 へ
2馬編集長さん
> これは書こうと思ってました。

そうですよね、これは皆さん気付いてますよね^^
3歳不在で行う秋天、当然これも
見れば分かるんですけど、「見える所」
「見えない所」に仕掛けがあると思うんですよね^^
2016/10/30(Sun) 11:07 | URL  | HAT #-[ 編集]
秋天「110(55)回」
秋天「132(66)回」

これは書こうと思ってました。
素直に枠連1-7でいくか、勝ち馬は前走GⅡ勝ちですからルージュバックか。

あとは最初の予想通り前年出走歴のあいつです。
2016/10/29(Sat) 21:27 | URL  | 2馬編集長 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック