herbagerさんにサトノノブレスの説明責任をと
言われたので、其処に限定して少し補完します。

ブログ休載中にダービー5着のリオンディーズや
6着スマートオーディンが秋の天皇賞へ向かうという
発表を見た時に、今年の天皇賞は3歳中心の
古馬GIにするつもりなのだろうかと思ってましたが
一頭も出走させないとは考えもしませんでした。

たとえば2011年の秋天は、春天ステップを取消し
本番も走らなかった馬が札幌を勝って秋制覇。
それに比して、秋天最初の記事で推奨した
<サトノノブレス号>は
春ステップを走らずに春天皇賞出走を果たし
そして「唯一」歩みを秋天に進めた馬
この一点に強く脳波が反応したのです。

2011大阪杯1着 → 春天1着
2011大阪杯2着 → 秋天2着

2016大阪杯1着 → 秋天2着
2016大阪杯2着 → 春天1着

俗に「たすき掛け」と言われる主催者の手法で
云えば、アンビシャスは秋天で2着が
本来座るべき座席ではないかと思うのですが
明年GI化が確定した大阪杯の馬券対象馬の
後追いをすれば、そうではない「1着」なのだと
考えが及んだのです。
第60回 産経大阪杯
 ↓
第154回 天皇賞(秋)

もう一等名前を挙げたリアルスティールは
なぜ必要なのか?
単に海外GI優遇馬というだけなら1番でも8番でも
良い事になります。
3歳クラシック路線馬が居ない今年だからこそ
3歳クラシック全てで連対枠に配置された彼の
役目があるのではないかと考えるのです。

勝つのは203アンビシャス
補佐するのが407サトノノブレスか712リアルスティール

取るだけなら馬連でしょうが、勝ちたいなら馬単なのです。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/740-19e5678e