• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

HATは幸せ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

年度代表馬は有馬記念馬なのか

2014年に「年度代表馬を予想するという行為」という記事を書いた。
予想は外れ、有馬記念馬が年度代表に輝いた。
今回は外さない自信がある。

たぶん私だけの考えではなく、皆さんが年度代表馬だと思う候補が二頭
モーリス
チャンピオンズマイル 1着
安田記念 2着
札幌記念 2着
秋天皇賞 1着
香港カップ1着
(国内外GⅠ 3勝)

キタサンブラック
大阪杯  2着
春天皇賞 1着
宝塚記念 3着
京都大賞典1着
JC   1着
(国内外GⅠ 2勝)

2003年のシンボリクリスエス以降、年間出走数は5戦以上
1999年のエルコンドルパサー以降、国内GⅠ勝利は必須、且つ
国内外G1、2勝以上が選定基準になっているように思える。
まあ一応、記者の判断基準ともいえる。

大事だと思われる点だけを申し上げて2016年度代表馬を予言しておく事にする。
<2006年から10年目を迎える>
2006~2010 海外出走歴 有り
2011、2012 3歳3冠馬
2013 香港スプリント
2014 ドバイシーマクラシック
2015 香港マイル

これが競馬記者だけではなく主催者が重きを置いている事項
従ってキタサンブラックが有馬を勝とうが負けようが
モーリスの2年連続「年度代表馬」の地位は揺るがない。

表題の答えはNOだ。
そしてキタサンブラックが2着以下に負けることが
主催者が好ましいと望んでいる結果ともいえる。

だからこそ「祭り」を盛り上げるためにも彼には
もう一度、負けたことのない1番ゲートに入ってもらう必要があった。
これが私の見解。

トウシンモンステラが非抽選となっている2016有馬記念の出馬表
2014.10.26菊花賞当日の「ディープインパクトカップ」勝ち馬
ディープ産駒5頭の否定とも見て取れる。
とはいえ桜花賞を除く、クラシック勝ち馬もディープ
古馬GⅠ馬の中にもディープの名前が連なる環境でディープ産駒を
排除する行為は、的中放棄とみられても仕方ないところ。
だから逃げ道に「勝ち馬はディープ産駒以外」としておこう。

春が表なら、秋は裏、対を成す2つの競走の共通項は以下

ダート
モーニン     前年未経験
サウンドトゥルー 前年3着(フェブラリー未出走)

スプリント
ビッグアーサー  前年未経験
レッドファルクス 前年未経験(高松未出走)

牝馬
ストレイトガール  前年3着
クイーンズリング  前年8着(VM8着)

マイル
ロゴタイプ    前年未経験
ミッキーアイル  前年未経験(安田未出走)

中・長距離
キタサンブラック 前年未経験
モーリス     前年未経験(春天未出走)

ファン投票
マリアライト  前年未経験

何よりも目に付くのは「前年の当該レースを走っていない」事
もしくは「春の当該カテゴリー競走を走らなかった」事が挙げられる。

そして次に目に留まるのが、年度代表馬争いをしている二頭の「中・長距離GⅠ」
この2頭に見て取れる共有する戦歴こそ「GⅡ-2000-2着歴」だ。
明年の否、今年の一つのテーマとなったのが「GⅡからGⅠへの昇格」
其処を勝たないことを共有したのだ。

当然、これこそがマリアライトの戦歴にも求められるものではないかと
考えている。其の上で今年の出馬表に目を向けた時に
なぜ最内枠と大外枠にキタサンとマリアが配置されたのかに納得する。
昨年の大外枠に泣いた蛯名が、3年連続の大外でまた泣いことになるのか?
マリアライトの持つGⅡを勝たなかった戦歴こそGⅡ-2500目黒記念2着
これだけなら候補は数頭いる。
ただ思い返して欲しいのはキタサンとモーリスが天皇賞のあとに辿ったルート
キタサン Jカップ
モーリス 香港カップ

これをトレースするはずで、マリアが辿ったルートはこうだ。
GⅡ-2200オールカマー 5着
GⅠ-2200エリザベス  6着

彼女の戦歴を共有する馬は、ただ一頭しかいない。
GⅡ-2400京都大賞典  4着
GⅠ-2400ジャパンC  2着
昨年の2着馬「サウンズオブアース

前年の当該レースを走っているけれども、
春の当該カテゴリー競走「宝塚」を走らなかった。
第61回有馬記念覇者指名は、この馬に決めた。


宝塚記念のGⅠ告知ビデオを見た。
テーマは「関西弁」だと感じたが、実際は連対馬2頭は「関東馬」
これって詐欺だ、引掛けだ、トリックだ。
対して有馬記念、「口上」にはヒントが無いので
舞台後ろの「紅白の幕」なのかもしれない。
宝塚が引掛けなら、有馬はストレート?

「紅白」の起源は一説には源平合戦だとされている。
源氏が白旗、平氏が赤旗を用いて戦ったことに由来し
対照的な配色であることから、祝いの席に用いられるように
なったと伝わる。
赤は赤子で出生を意味し、白は白装束にみられるように死を意味する。
人の一生を表現したとされ、また中国では赤を紅と読むことから
「紅白」と呼ばれるようになったとか。

もしも、この言葉の意味の通りなら
キタサンブラック(源氏)が勝ってサウンズオブアース(平氏)が
負ける結果だろうが、主催者の隠されたトリックは
たぶん此処に有ると考える。枠連3→1

GⅠジャンプが開催されて、それを受ける平地GⅠ
その出目を受けた皐月賞。
その時の勝ち馬オジュウチョウサンが大障害も勝った。
 


関連記事
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
113位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。