2011.12.26 Happy All the Time
有馬記念が外れたのでPATに残った小銭で最終競走を買ってみましたが
案の定、カスリもせずに残高が「0」になりました。
平時の予想すら、まともに当たらないのですから当然の結果です。
正月休みの前にPATに入金して年明けの金杯に臨むのが
ほぼ毎年の恒例行事になってしまっているのが、ちょっと悲しいですが。

12月は誕生月ですが、運気が上昇したなどという記憶が殆どありません。
だいたい小さい時からまともに誕生日のお祝いをしてもらったことも無いんですから。
誕生日がクリスマスに近いせいで、ケーキを買うのを一度で済ませる為です。
だからといってクリスマスプレゼントなんてイベントも我が家には有りませんでした。
5人兄弟の貧乏世帯だったからです。
でも両親には感謝こそすれ恨んだことなど兄弟全員いちどもありません。

人生がすごく楽しくなったのは結婚してからです。
「誕生日を迎えるまで同級の奴らより、一つ若い」
単なる錯覚ですが、そう考えると少し若い気持ちでいられるように
物事を前向きに考えられるのも、仕事を頑張れるのも
競馬に勤しめるのも、家庭に安らぎがあるからだと思います。
だから妻には感謝してます。
しょっちゅう、ケンカをしますが、仲が良い。
妻は子どもを産んでから、かなり「ふくよかな体型」になりましたが
私も息子もだんだんと同じような体型になってきました。
家族は似ると言いいますが本当ですね。
よく人に「幸せ太り」などと言われますが、まんざら外れてはいないです。

いくら経済的に裕福でも、PATのように残高がゼロになることだって
世の中にはいくらでもありますし、ゼロなら良いですがマイナスになることだって。
自分だけじゃなく、自分を取り巻く人々が健康でいてくれることも何よりの幸せです。
これだけはお金には変えられない。
でも一番大事なのは、自分の気持ちが幸せに満ちている事でしょう。
どんなに幸せな家庭にだって時には嵐も来る事だってあります。
幸せな我が家にも来ました。
そんな逆境の時に負けない、動じない自分で居られる人が本当の意味で
幸せをつかめる人だと私は思います。

この夏、結婚15周年のお祝いも兼ねてディズニーランドに行きました。
いつも期待を裏切らない楽しい楽しい夢の空間でした。
競馬は外れ続けの人生ですが、心はいつも幸せに満ちています。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/76-fa687147