仕事中も老眼鏡を欠かせなくなって随分経ちます。
記事に誤字脱字があるのは、そのせいです。すいません。
できるだけ眼への負担を軽減するために往復の通勤時には
眼を閉じ休ませるように心がけています。
今までその時間に割いていたのは競馬の検討で
これによって週10時間は競馬の時間が無くなりました。
記事の本数が減った理由の一つです。
昼食時は時事ニュースを知識として蓄えるので
GI週でもない限り、もともと競馬の検討などしません。

帰宅後、夕食・入浴・録画ドラマの視聴・妻との対話
就寝までのわずかな合間を縫って、競馬検討にとれる時間は
僅かに30分ほどでしょうか。それも毎日できるものでもありません。
その時間を使って、今週の重賞のテーマを考えます。
そしてテーマに沿って検証します。それは直近のテーマですが、
全体的な疑問の検証も行います。例えば、

○最内1号馬は、その独特のポジションゆえに勝馬を指し示す
何かを暗示しているか。
○4着馬は裏1着馬としての機能を持っているのか。
○1着(2着)同枠馬は連対現物馬とは異なる役割を担っている筈だが
それは出馬表から簡単に見分けられるものなのか。
○同枠馬が揃目の機能を果たす瞬間にとは、一体どういうケースなのか。
などなど、通常は思い浮かばず脳内に中途半端にしまってあるのですが
時折、ヒントめいたものから再検証を始めたりします。
まあ何にせよ老化防止のための脳活性化運動です。

東海ステークスの勝ち馬がフェブラリーを回避と
テロップが出ると、まずそこを考えます。
1月開催となって初めての事象と判り、今年出走していれば
1着の順番だったかとも考えます。
東海がフェブラリーに影響を与えなかった2012年は
1月最終週の根岸から3着馬と1着馬をフェブラリーで
起用した事実と、奇しくも今年と同じ1月29日開催だった
というところにも強い信号を感じたりします。

出馬表確定前は、1月の重賞の出目を眺めたり、過去の
連対馬の戦歴を調べておきます。
そこで導いたものは、さほど役に立たなかったりしますが
調べないよりはましだという程度です。
むしろ突然閃いた発想の方を私は優先します。

1月の重賞は、両金杯が3枠、3歳戦が8枠
距離2000が6枠、GⅡ戦が4枠と出目を一致させています。
余程の事が無い限り今週も同じ出目を共有すると考えています。
そのうえで2012、2005年は「2枠」を2着席に
指名した歴史に注目し、ダートGⅡ東海1着枠が不在と
言う事であれば尚更2着枠を重視すべきとすると
「2枠」に狙いを定めるのは無根拠・無謀とは
言えないと思います。
ただシルクロードの方の2枠に買い材料が見当たらないので
共有する枠は「2枠」では無いと見ます。

しつこいですが端数ハンデに拘って、5枠と7枠に
山を張ります。枠で言えば(2枠←5枠、7枠)
この3つの枠には(外)も[地]も居ません。
冠のない枠の連対構造という結論です。
それはこの数年の根岸ステークスの流れに逆らう馬券です。
では流れに逆らわない馬券とは、と問われたら
1号馬の戦歴から(外)ベストマッチョだと言っておきます。

昨日、正式に主催者からホープフルステークスの
GI昇格が発表されました。
GIプラス1、GⅡマイナス1、GⅢプラス1
これも同時に発表しました。
ですから此処にも意味を持たせていると考えています。
なにか閃いたときに書きたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

【2017/01/28 12:17】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック