2月3日

「立春」は太陽の角度が315度になった日という事が
調べて分かった。それは分かったが、そもそも「315度」とは
何を基準にして315度なのかが分からない。
さらに調べると「黄道座標」という4文字熟語に遭遇し
春分点を0度とし、夏至90度、秋分点180度、冬至点270度で
春分点に戻って360度だとわかる。
この黄経は歳月と共に変化するところまで理解でき
春分点の位置から315度が「立春」ということらしい。
「黄道」WIKI
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%81%93

「節分」はこの立春の前日を指すが、上記のように必ずしも
2月3日と定まっている訳では無いようだ。
関連記事
スポンサーサイト

【2017/02/01 22:59】 | 雑文
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック