京都金杯
11歳馬が年初の重賞を走る景色を確かに見た記憶がある。
調べると、2009年のアサカディフィートだった。
2004中山金杯1着55
2005中山金杯5着57
2006中山金杯2着57
2007中山金杯2着57.5
2008中山金杯7着57.5
2009中山金杯14着58
馬券対象にならなかった3年は自身が背負った斤量馬が
1着席についていた。
同じ役目をマヤノライジンに期待しても無理だと思うので
やはり2009年の中山金杯にヒントを見つけるのが近道なのだろう。
「アドマイヤフジの連覇」「7歳58斤量馬の勝利」
2001-2002ダイタクリーヴァ(58→58.5)
2011-2012シルポート(57→58)
ひょっとすると、こういうシナリオなのかもしれない。
京都金杯の近4年間を振り返ってみれば6歳57斤量馬が
4連勝中、常識から考えれば5年目は無い。
仮にシルポートを1着馬に据えるなら相手は
否定された57斤量馬ではないのか?と予想してみる。
◎815シルポート(TOPハンデ)
○510サダムパテック57
▲101オセアニアボス57
今年も1番人気に不遇の京都金杯となるだろうか。


中山金杯
小倉の中日新聞杯をコスモファントムがまとめ
中山金杯も一緒に纏めるという考えはけして悪くはないとは
思うのだが、何かしっくりこないのは何故だろう。
1996ベストタイアップ 1―2 02-03-11 東京
1997ベストタイアップ 1―1 01-02-04 揃目
1998グルメフロンティア8-1 15-02-16

2010アクシオン    2―6 04-12-09 東3騎
2011コスモファントム 2-2 04-03-12 揃目(外)
2012エクスペディション7-? 13(逆4)
どちらかというと、この「4」の使い方の方が好きだ。
相手は正逆「12」
◎713
○305
▲612
つまらない予想だが「2連福」を表現するには
低配当の「枠連」を選択するのも的中への近道かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/01/04 20:37】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |

恭介 様
HAT
恭介様

あけましておめでとうございます。
予想一致ですか?
ありがとうございます。私のほうが心強い限り。
一緒に喜べれば最高ですね!

奇しくも一致
恭介
お邪魔します。
予想が一致しました。
期待大です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
恭介 様
恭介様

あけましておめでとうございます。
予想一致ですか?
ありがとうございます。私のほうが心強い限り。
一緒に喜べれば最高ですね!
2012/01/05(Thu) 12:10 | URL  | HAT #-[ 編集]
奇しくも一致
お邪魔します。
予想が一致しました。
期待大です。
2012/01/05(Thu) 11:40 | URL  | 恭介 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック