HATは幸せ!


違和感

昨年は振り抜いたらスタンドに飛び込んだ大阪杯。
今年はせめて三遊間を抜けないか。

意外にも触れている方が居ないので書こうと思ったのは大阪杯の登録馬に感じた私の「違和感」についてだ。
その事はたぶん、今年の大阪杯を語る上で決して欠けてはいけない事だと思うのだ。

基本的にGI競走は、特定の条件さえクリアすれば、それが牝馬でもセン馬でも地方馬でも、また外国調教馬でも登録できるし、順調なら出走も可能である。
論より牝馬限定を除く、すべてのGI競走の“起源”となった出馬表は「牡牝混合戦?」の形態がとられていることからも明らかだと思う。それは三歳三冠戦の歴史においても例外では無い。
GⅡからGⅠへ昇格したフェブラリーや高松宮記念といった過去の昇華戦においても然りで、14回フェブラリーにも26回高松宮記念にも「牝馬」の存在があった。
だが今年の新GⅠ戦61回大阪杯には、その牝馬の姿が登録段階から存在しないのだ。まさに新設GI「大阪杯」は歴史を塗り替えたとも言える。
その事が一体、何を物語っているのか?
そのように考え書く方が居ないことは、非常に残念なことである(裏では書いているのかもしれないが)。

実際、昨年のGⅡ施行下で開催された大阪杯の1~3着枠には「牝馬」が存在した。新しいグレードのもとでは、その姿を再現しないという主催者の明確な意思表示だと、考えてはみたが今一つピンとこない。何故なら、既に主催者の発表では「産経」の冠が取られ、昨年の2着馬が背負った斤量も、定量57㎏である限り再現されないからだ。この時点で既に昨年との違いは表現されているではないか。
にも拘わらず「牝馬」を出走させない理由はなんだ!
http://www.jra.go.jp/keiba/program/pdf/h29-henkou.pdf

共にGⅡとしての道を歩んできた日経賞と阪神大賞典も今年は「牝馬」が居なかった。凡人には分からない大きな力が其処に働いていると考えるのは邪推だろうか。
1号馬ミッキーロケットが出走したGⅠ競走「皐月賞」と「菊花賞」という<三文字のGI戦>には、やはり牝馬の出走が無かった。この馬の存在が唯一であるが故に彼が教える大阪杯だと考えることは『絶対』に間違いでは無いと
断言できる。

http://www.jra.go.jp/news/201703/030603.html
3月6日に本営が発表したトピックの中に
アイリッシュチャンピオンSへの優先出走権を
大阪杯勝ち馬に与え、12,500ユーロの登録料は免除としている。この金額は愛CSの7・8着馬の賞金に等しい。だが、その事よりも注目すべきなのは、この競走の負担重量である。3歳127ポンド、4歳以上133ポンド。(牝馬3ポンド減)
実際に勝ち馬は3歳が多い。昨年はともかくとして毎年8頭に満たない出走馬。こんなレースに果たして、今年の大阪杯勝馬は登録し出走するだろうか、という疑問が先に立つ。そんな疑念の中での牝馬不在。
皆さんなら、その事をどう考えるのか。

昨年の1着枠はJC1着馬と中山記念2着の組んだ枠。
それは今年の4枠に相当するが、同じ事をしないだろうとと本当に無碍に切れるだろうか?
第61回大阪杯(GI)の記念入場券にはCMキャラクター4人が「4色のTシャツ」で印刷されている。
当日のプレゼンターが土屋太鳳さんである事から簡単にそれが「ブルー」を示唆していることが判る。
http://www.jra.go.jp/news/201702hanshin/index.html

それはミッキーロケットが教えるサインとも一致している。
皐月賞4枠
菊花賞4枠
勝つのはキタサンブラックだと強く確信した瞬間でもある。

34回フェブラリーステークスの連対枠には「同一競走連覇」歴を持つ馬が存在し、47回高松宮記念は昨年と出目を揃えた。さて61回大阪杯は、何を一致させて来ると思いますかと意地の悪い主催者は問いかける。

当初、私の考えた結論は「連覇」の起用だったがフェブラリーと同じでは芸が無い。牝馬を存在させない競走で有るがゆえに、昨年の出馬表が意味を持つ。
牝馬に表舞台に立たせなかった「4歳牡馬」
今年の大阪杯のもう一つの主役こそ、このキャスト。
年明けにGⅡ競走だけを選択した1番と14番。


405 → 101、814

関連記事
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
93位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -