一頭の馬の戦歴に「天皇賞」の文字が2回も刻まれたのは『1988年』のタマモクロス(春秋)が【始まり】だった。
1980年に「勝ち抜け制度」が【終わり】、其処から9年間を要したとも取れるが、実際は1984年に秋天の距離を整備してから「5年目」だった。

タマモクロス    88春秋
スーパークリーク  89秋90春
メジロマックイーン 91春92春
スペシャルウィーク 99春秋
TMオペラオー   00春秋01春
シンボリクリスエス 02秋03秋
メイショウサムソン 07春秋
フェノーメノ    13春14春



この8頭の中で春の盾連覇は3頭
メジロM
91阪大1春天1宝2
92阪大1春天1宝未

TMオペラオー
00阪大1春天1宝1 ★
01大阪4春天1宝2 

フェノーメノ
日経1春天1宝4
日経5春天1宝未


更に「春古馬三冠」のフィルターにかければ春天載冠は
1990スーパークリーク  大阪1春天1宝未
2007メイショウサムソン 大阪1春天1宝2
2011ヒルノダムール   大阪1春天1宝未




キタサンブラック
16大阪2春天1宝3
17大阪1春天1宝 ★

春天までは保証するが宝塚は?
という戦績が並ぶが、けれども今回は、
「春天までは保証」それだけで十分。

単 キタサンブラック
関連記事
スポンサーサイト

【2017/04/22 23:59】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック