秋古馬三冠、この3つの競走を制した馬に褒賞金を1億差し上げますと2000年に主催者が呼びかけ、これに真っ先に応じたのがテイエムオペラオーだった。
結果、初年度にあっさりと達成して見せた。

春古馬三冠、この3つの競走を制した馬に褒賞金を2億差し上げますと2017年に主催者が呼びかけ、これに名乗りを上げたのが、権利馬キタサンブラック。
まあ、はっきり言って宝塚記念を待たずに、世間の興味を削ぐような真似(春古馬三冠への興味こそが宝塚記念の売り上げに直結する)はしないだろうというのが私の考え。

2000-2400-2500の秋に対して
2000-3200-2200の春
距離2000を最初に用意しているというより、春も秋も距離2000が必要だと考える方が正しい。
<秋天の距離を整備してから「5年目」だった>と以前の記事で書いた通り、一頭の馬が天皇賞を2勝するというパフォーマンスの陰には、この距離2000が大きく影響を及ぼしているのだ。

初戦の2000を勝たない限り古馬三冠の権利は発生しない。至極当たり前のことを書いているようだが大事だ。
キタサンブラックが春天を勝つと断言するためには、宝塚記念の流れを知っておく必要がある。
20世紀最後の宝塚記念
TMオペラオー 阪神大1→春天1
Mドトウ    金鯱賞(2000)1

21世紀最初の宝塚記念
Mドトウ    春天2
TMオペラオー 大阪杯(2000)4→春天1

2012年、金鯱賞が12月に移動するのと入れ替わりに6月施行となった「阪神2000」が、阪神大賞典を隠れ蓑にその着順に関係なく力関係を如実に示している。
2012阪神大2(QE1、前年鳴尾1)
2013阪神大1(鳴尾3)
2014阪神大1(鳴尾4)
2015阪神大2(鳴尾1)
GⅡ大阪杯を勝たずに2016宝塚3着でリハーサルを終えているキタサンブラックが、天皇賞春を負けるという想像が全くと言って良いほど思い浮かばない。

この考え方は大阪杯の時から変わっていない訳だが、大阪杯の失敗はメイショウドトウを取り上げきれなかった事に尽きる。
宝塚2
秋天2
JC2
有馬2

二度と同じ間違いはすまいと、大阪杯直後にメモしたがステファノスは安田に行くと宣言。
QE2
秋天2
大阪杯2

あれっ?と、また此処で思考が止まる。
仕方が無いので、牝馬からのサイン位置について書いたのだが、17頭立てとなり特別な位置には、皐月賞馬ディーマジェスティが入った。キタサンガ勝ったジャパンカップでも9番に居た馬で、そういった目で見た方が正解のような気もするが、もう一頭のトーセンバジルもJCの5枠配置馬。そう考えると無い事も無い。

それでも17頭で施行したい主催者の意向からはジャパンカップ2400と天皇賞春の対での位置関係が大事だとの暗示を強く感じる。
そのジャパンカップを走らなかった枠1と4こそが
キタサンブラックの相手に相応しい枠であると実感するしスピリッツミノルを同枠に配置した理由も「それ」だろうと思われる。
馬単3 →1、2、7、8
シャケトラさえ来なければ美味しい馬券だ。



競馬ランキング

ちょっと、試しに人気ブログランキングに登録してみた。
記事がもし、面白かったならクリックしてもらえるという
仕組みらしい。




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/792-64fd01c4