夏季休養宣言を出したのに未だ、たくさんの方が訪問下さっています。
有難う御座います。別にだから競馬記事を書くわけではないのですが
少し目に留まったので、表題のレースについて書きます。

1998年の施行を最後に、2014年まで休止。
昨年、競走番号を変更すると同時に「万馬券」を発生させました。
波乱の演出者は、今年も存在する「3歳2着マイネルビクトリー」と
同じ枠に配置された「1番人気4着クールエイジア」だったと思います。
その2頭が3枠に同居したことで、今年の八王子特別を
ある意味、面白くしているように感じます

万馬券側の1着馬が「等距離500万勝ち馬」起用だったので
クインズウィンダムは2着までだと思います。
ですから勝つのはパレスハングリーか、プリンシアコメータだろうと
思うのですが一点気になるのは、この競走の持つサイン性です。
2014エアラギオール2着
2015キネオイーグル1着
2016メイスンウォー1着
馬名に「王」「(オー)を持つ枠が、復活した三年間、馬券になっています。
今年この要件を満たすのは「アバオアクーの居る5枠」だけなのです。

枠5 →4、7、8
当てることだけを念頭に入れれば、この枠3点が推奨馬券です。
安いですけどね。



競馬ランキング
関連記事
スポンサーサイト

【2017/06/10 12:32】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック