昨年、黒木瞳の初監督作品として話題になり、製作費10億もつぎ込んだのに、その1割しか興行収入を稼げなかった作品と、別の意味でも話題になった映画です。
女性弁護士役・吉田羊と自由奔放な従姉・木村佳乃の二大キャスト。その二人の個性を初監督とは思えないほど見事に引き出していると私は思いましたけど、なぜこの作品がヒットしなかったのか不思議です。でもこればかりは客の好みだから仕方ないですね、一部には上映館が少なかったという噂もありますが。
ところどころに竹内まりやのメロディーが流れ、良い感じに仕上がっていて、私は好きな作品です。
是非、騙されたと思って観て欲しいな。



人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/31 19:20】 | 映画・ドラマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック