川沿いの石段で繰り広げられる
高校生二人の何気ない会話。
ただそれだけの映画である。
なのに爆笑してしまうのだ!

「関西弁(大阪弁)」、「掛け合い」
これ、正直、漫才やな。
原作はマンガで、映画を見終わった後、原作も読んでみたが、まったく同じセリフなのに面白さが違うのは、菅田将暉と池松壮亮の「間」が絶妙だからだと気づかされる。

これ続編、出ないの?
映画館で爆笑したい。



人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

【2017/08/02 18:35】 | 映画・ドラマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック