南米でゲリラに襲撃され人質となってしまった邦人たち。
身代金を要求するゲリラと政府の交渉は100日を超え、ついに特殊部隊が強行突入、犯人と共に人質たちも犠牲に。
赤十字が届けた救急箱に仕掛けられた盗聴器に残されていたのは、人質たちが「朗読会」をしている声だった。
ラジオ局の記者に届けられたテープ。記者は、すべての遺族を訪ね番組制作の承諾を得ていく。

小川洋子原作、モンテカルロTV祭「モナコ赤十字賞」、
2014衛星放送協会オリジナル番組賞「最終週賞」

これはきっと原作読んだ方が、面白いんじゃないかな。
と個人的には思いました。




人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

【2017/08/03 19:07】 | 映画・ドラマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック