今年もトニー賞がやってきた。夏の合間にゆっくり書こうと仕舞っておいたのですが、だんだん感動が薄れてきちゃったなぁ~。

司会者ケヴィンスペイシーのオープニングパフォーマンスが最高でしたね。
「きっと僕の司会じゃ誰も拍手なんかしてくれない」
「それでも僕はブロードウェイに夢中」
俺が司会なんて出来るのかと歌い出すのですが、結構笑えました。9月17日にエミー賞の司会が決まっているコメディアンのスティーヴン・コルベアが着ぐるみを着て登場。
「とにかくカンペを読め」と励まします。
ひとしきり歌い終わって、「天使に歌声を」のウーピーゴールドマンが舞台セットから現れたのを見て「一体、いつから其処に居たんだい?」と茶化す。

ケヴィンのタップで締めくくって、さあトニー賞スタート。




人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

【2017/08/10 18:55】 | 音楽
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック