同じ治療を行っても、人によって改善、完治の状態が違います。理由はこれまでも様々、検討されてきました。生きる事への生命力もあながち否定できませんが、科学者はその根本原因を<遺伝子>に求め研究しました。

近年、ゲノム医科学研究の目覚ましい進歩により、病気と遺伝情報のかかわりが急速に明らかにされつつあります。
そこで行われるのが「遺伝子検査」です。
遺伝子検査は、特定の染色体や遺伝子について、何らかの変異が起こっていないかを確かめる検査です。
遺伝性の疾患を持っていないか、薬に対する副作用がないか、などを調べることが目的ですが、最近は、被検者とその血縁者の遺伝情報・家系情報を解析する発症前診断、がんや生活習慣病などにかかりやすいかどうかの診断など、予防医学を前提としたものにまで、その役割を拡大してきています。

患者さんそれぞれの遺伝子情報に基づいた治療を行うという事です。なんだか将来の癌治療に期待が持てます。




人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/854-45db2306