札幌2歳は「強い牝馬」を見る事になる。
だがそれはマンマミーアでは無かった。
馬名の通り「なんてこった!」の結果。
勝ったのはコスモス賞1着騎手騎乗ロックディスタウン。

さあ今日も懲りずに書いてみよう。
出走馬で目に付くのはヴァイザーとルリハリの戦歴。
中でも札幌から小倉へ飛んだ北村友一の存在。
札幌2歳が牝馬同士で決着しなかったので、小倉は牡馬同士の決着と読む。前走1番人気へ。

小倉2歳ステークス
馬連9→8、17


トラストが主催者からの暗示でなければ、もう今の時代にサインなど無いと書いたが、トラストが3-11を再現するとしたらどうだろう。

丹頂ステークス
馬連3-11


端数ハンデで勝った2009、2011年の覇者は前走1番人気。
アストラエンブレムが勝ち、他馬任せのサマーシリーズ優勝というシナリオと考えてみる。

新潟記念
馬連11→1、2、5、7、9

予想復帰2戦目、「自信なし!」と書いて筆を置こう。



競馬ランキング



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/858-78b40f01