FC2ブログ
misonoさん、いつもコメント有難う御座います。
「楽しみにお待ちしておりました」たぶんそんな事を言って下さるのはmisonoさんだけだと思います。有難う御座います。お礼に何か気の利いたネタでも提供できないかなと探しておりましたが、一向に何も見つかりませんでした、すいません。

今週はセントウルステークスが開催されますが、大阪杯から産経新聞社の社杯を引き継ぎ、今年はレース名を「産経賞セントウルステークス」として施行する第1回目です。上手い具合に施行回数を「31」としていますね。私なんかはこの辺が主催者の巧みさだなといつも感心しております。

第1回、第11回は距離1400での施行。
第21回は新設の外回りコースで開催された1回目。
今年は産経賞という冠を付けた1回目。
第21回大会のように人気のない馬が来ると言いたい訳ではありませんが、北九州記念の11番人気を受けるセントウルSという間柄だったわけですから、2つの競走をつなぐ馬が居ない以上、荒れると想像しても間違いでは無いと思うのですが、いつも結果が伴わないので間違いでしょう。

「Mamma-Mia!」で「平成29年度秋季競馬番組の概要について」の中から記念競走について触れました。
例えば、昨年の春季競馬番組概要では2競走。
「根岸ステークス」モーニン
→フェブラリーS 1着
「八代特別500」グレイトチャーター
→袖ヶ浦特別1000 1着

夏季番組概要では4競走。
「ジューンS」ルミナスウォーリア
→17函館記念 1着
「津軽海峡特別1000」スズカリバー
→17名古屋城S 1着
「巴賞」レッドレイヴン×  
「函館記念」マイネルミラノ
→17福島民報杯 1着

秋季番組の概要には4競走。
「秋風S」マルターズアポジー
→福島記念 1着、17関屋記念 1着
「シリウスS」マスクゾロ
→17BSN賞 1着
「オーロカップ」ナックビーナス
→カーバンクルS 1着
「霜月S」ラストダンサー×

今更、ダイユウサクの名前を持ち出すまでもなく、こうした経歴の持ち主たちは何らかの役目があると考えています。もちろんすべての馬が機能することは有りません、当たりまえです。

2017春季「船橋市市制施行80周年記念」
今週のセントウルに出走するアルティマブラッドが持っている履歴ですが既存の競走名の副題として施行される記念競走ではなく、特別に用意された競走として存在するので、上記競走群とは一線を画しています。この馬のような同じカテゴリーの履歴は
2014春季「府中市市制施行60周年記念」グランデスバル。

グランデスバルは自らが直接機能することは有りませんでしたが、出走したGⅡ競走で、同世代の馬を連対させていました。1、2、10、14番、この中に該当馬が居るようです。
普通に考えれば14番でしょう。そう考えると頭数を14頭にした事も意味があるように思えてきます。

第11回14頭  1-11(逆4)
第21回16頭  4-7-11

現時点ではツィンクルソードに興味を覚えています。









競馬ランキング


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/859-861f758b