2017.12.23 豚汁
中山の日曜日のイベントを覗くと
「豚汁」無料配布
という、至ってシンプルな見出しを見つける事ができる。

これを「サイン」だと感じる人は少ないと思うが、これはれっきとしたサインだ。
食物=農水

江戸時代に入ると病人の滋養、養生の為に密かに獣の肉を食したらしい。
猪の肉は「牡丹」、鹿の肉は「紅葉」
肉食になじみの無かった時代、世間を憚って、このように
呼んだ時期があったという。
そうした慣習の中、薩摩だけは鶏肉を主材とした汁物が良く食された。それを「薩摩汁」という。
時期は不明だが、琉球から豚肉が入ると、その汁に豚肉も混ぜた。所説あるが、もっぱらこの薩摩汁が「豚汁」のルーツとされている。

さて、一応の「豚汁」の講義は終わった。
出走する16頭の中で、この豚汁を象徴する人間が
一人だけいる。
101  ヤマカツエース 池添兼雄(鹿児島県出身)

見つけにくいサインほど、より真実に近いと言われる。
それに・・・
有馬記念のWINNERS—COLLECTIONの賞品は
「土鍋とお椀」だよ!














競馬ランキング

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/889-b10f73dc